スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 アトラゲネ系の植え替え  -  2007.12.14.Fri / 11:27 
Takechianmanさんのご好意でたくさんの苗と種を頂きました。
Takechianmanさんはアトラジェン系と壷系の種子の発根発芽育苗方法を詳しく書いておられます。
またクレマチスの接木を研究されて、成功もされているようです。
苗や種の輸入もたくさんされています。

第4種便ですが、ダンボールを切って箱を作られてようです。
牛乳パックと違って頑丈です。
P1020573.jpg

アトラゲネ系マクロペタラの「ウェッセルトン」  C.macropetala 'Wesselton' です。
ロックウールに挿し木した苗だそうで、ビニールポットより取り出し、根洗いして、水コケに包んだ状態で(bare rooting)で送って来られました
P1020576.jpg

「ウェッセルトン」のロックウール挿し木苗は2本頂きました。
P1020575.jpg

アトラゲネ系アルピナの「クラグサイド」  C.alpina 'Cragside' のロックウール挿し木苗です。
P1020574.jpg

ビオルナ系「クリスパ」  'C.crispa' 野生のC.crispaの種より育苗した実生苗だそうです。
P1020577.jpg

種は
ジベレリン処理済でも頂きました。
ビオルナ系妙福(濃色)
ビオルナ系バーシーカラー(ピンク系)  'C.virsicolor'
室温で管理すれば、発根するそうです。 ジベレリンは魔法の薬ですね。

ジベレリン未処理種は
ビオルナ系ビオルナ(パープル系)  'viorna'
ビオルナ系ピッチェリ(青紫系自然交配の種子)  'C.pitcheri'
水で1晩くらいふやかした後、用土に播いてみるつもりです。
来年の秋頃、発芽してくるかもです。
種はいずれも自然交配と思われるらしいです。
P1020578.jpg

「ウェッセルトン」の水苔を取り除くと、いっぱいの根っこです。
P1020580.jpg

同じく「ウェッセルトン」の根っこです。
P1020581.jpg

「クラグサイド」は新芽も出ています。
P1020582.jpg

「クリスパ」の根っこはいっぱいです。今年の1月に米国産野生の種を播いたものだそうです。
P1020583.jpg

鉢底に軽石小粒を入れた水切りネットを置きました。1cmほどです。
鉢の直径は16cm、高さ22cmの深鉢です。
P1020579.jpg

「ウェッセルトン」です。ロックウールが付いたまま植え込みました。
用土は
ゴールデン粒状培養土「花、野菜用」と鹿沼土とパーライトを4:2:1です。 クン炭を40cc/7㍑
水捌け重視の用土です。
マグアンプk中粒:35g/7㍑ ダイアジン:2g/7㍑(コガネ対策と蟻対策)

写真の後でロックウールが隠れる程度7mmほどの用土を載せました。
更にマルチも2cmほどしました。 夏場の乾燥防止です。
マルチはバークチップMサイズ:籾殻=1:1
籾殻は蟻対策です。

用土を入れる時、ロックウールを用土の上に置いてしまうのでなく、持ち上げたまま用土を入れて、根っこが真っ直ぐ、用土に埋まるようにしました。
他の3本も同じ用土で植えました。
アトラゲネ系は細根なので、もっと水捌けの良い山野草用土がいいのかも知れません。
P1020584.jpg

菊咲き半鐘蔓(キクザキハンショウヅル) ともいい、夏の暑さに弱いので、夏は、風通しの良い、冷涼な半日陰に移動する予定です。
なんとか来年、一つか二つお花をみたいものです。

「続き」にTakechianmanさん記事のリンクがあります。
頂いたタグに日付が書いてありますが、多分挿し木開始時期だと思います。
「ウェッセルトン」の2本とも7月21日(2007年)
「クラグサイド」の1本は8月4日(2007年)

Takechianmanさんの挿し木記事は下記です。
Atrageneの挿し木苗の植え出し!!
Atrageneの挿し木!積極的にやっています
接木記事は下記です。
Clematis alpina 'Cragside'の栄養繁殖苗(ボタンズル(C.apifolia)にC.alpina 'Cragside'の休眠中の芽を割り接した物)

ブルーベリーでは接木ブームですが、クレマチスの細い蔓でも接木可能のようです。
Takechianmanさんブログで「接木」をブログ内検索してみてください。
またAtragene栽培用の用土として「赤玉小粒、蝦夷砂小粒、日向土小粒、山草栽培用の用土の混合」をお使いのようです。

水色の妖精、Clematis macropetala 'Wesselton'!
Clematis alpina 'Cragside'(クラグサイド)の苗!!
No.416 / [クレマチス](アト)ウェッセルトン / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△

苗、無事到着したようで、安心いたしました。
Canadaの種屋さんより入手のC.crispa の種は今年の1月にZIP播きし(ジベレリン処理)、発根を確認後、鉢に寄せ植えしていたものです。米国産の野生のクリスパの種よりの実生苗です。
ロックウールに挿し木されたAtragene、もう少し深植えの方が良いかもしれません。落ち着いて少し元気が出てきたら、ロックウールが隠れるように用土を5~10mm位重層してください。ロックウールの乾きと、凍結が緩和されると思います。
では、今後ともよろしくお願いいたします。

★ From Takechianman
2007.12.14.Fri / 14:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

今回は本当にありがとうございました。
「クリスパ」は今年1月に播いたものですか。
すごい伸びっぷりですね。しかも外国産ですか。
記事に追記しておきます。

記事では書き忘れましたが、写真の後で
ロックウールが隠れる程度の7mmくらい、用土を載せてあります。
記事に追記しておきます。

こちらこそよろしくお願い致します。
また教えてください。

★ From ブルーマチス
2007.12.14.Fri / 15:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。