スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 マグァンプKを使っています。  -  2007.01.10.Wed / 15:12 
私はブルーベリーにもクレマチスにもマグァンプKを使っていますが、自分でもよく分かっていないので調べてみました。

分かったことはマグァンプKが根に触れる近さにないとマグァンプK粒が溶けないということです。
元肥として用土を作る時に混ぜてしまえば問題ないですが、植え替えた後で追肥するときは、箸などで穴を開けて、根に触れる深さのところにマグァンプK粒を入れてやる必要があります。

マグァンプKはほとんどが水に溶けない成分でできていて、土の中の微生物の働きや根から出る酸で溶けるらしいのです。それで植物が必要とする栄養分がゆっくり根に吸収されるとのことです。
また、直接根に触れても安全性が高く、害虫もよりつきにくく、臭いも少ないです。

続くでは使用量を考察しました。
使用量(マグァンプK中粒で、元肥場合):(あくまで私の場合です。)
1.用土を作る場合:用土1㍑あたり5gを混ぜます。
2.後から鉢に肥料を入れる場合:鉢用土1㍑あたり5gを目安とします。
鉢の体積は
3.14×半径×半径×深さ
です。
(鉢は台形になっているので、高さの真中あたりを半径とします。)

15cm深鉢(平均直径14cm)3.14×7×7×15=2.3㍑ → 12g
30cm鉢 (平均直径24cm)3.14×12×12×20=9.0㍑ → 45g
(鉢底石を入れる場合は高さ寸法がもう少し小さくなります。)

3.庭植えの場合:
1平方mあたり250gを目安とします。
50cm四方なら4分の1なので、62.5gです。

4.追肥の場合は上記の半分か3分の1くらいが目安です。

注意:
1.ブルーベリーの場合、窒素必要量から計算する方法もあります。
2.BlueBerryHouseさんでは下記のコメントがついています。
「お取扱いを検討していましたが、土壌pHを上昇(アルカリ化)させる成分を含むため、ブルーベリーには不向きとの判断から、お取扱いを見送っています。」  
3.先端の葉や新葉の葉脈を残し黄化してきたら、鉄欠乏の可能性があります。鉄が欠乏すると生育も悪くなり、収量も少なくなります。鉄成分を配合したマグァンプ Feが良いかも知れません。

上記はマグァンプKを宣伝するための記事でありません。
ある方から使い方、使用量を聞かれましたので記事にしました。
No.139 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(18) / トラックバック(-) / PAGE TOP△

大変遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます^^;
今年もよろしくお願い致します

マグァンプについては元肥専用と思っていたので、当然のように土に混ぜていました。
あまり、疑問を持たない方なので・・・(T▽T)アハハ!

置き肥えにだめな理由は溶け出さないからなんですね。

そういえば、置き肥えで使用できるマグァンプと言うのを先日HCで見かけましたよ。
新発売なのかな?
使いやすさではピカイチなので今度使用してみようかと思っています^^

★ From akoya
2007.01.10.Wed / 15:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

お久しぶり、じゃなくて、明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

何にも知らない園芸初心者なので、マグァンプK中粒を元肥の他にクレマチスの鉢の上にパラパラと追肥で撒いていました。半年以上経った今も白い粒のままです。(笑)
ブルーベリーは用土表面に根を張るのでマグァンプK中粒は溶けたみたいです。

置き肥えで使用できるというのはマグァンプK小粒ですかね。
これは追肥可能(バラマキ可能)みたいです。
発売元に電話で聞きましたら、成分は中粒と同じですが、小粒なため、土の中に入り込みやすいらしいです。

★ From ブルーマチス
2007.01.10.Wed / 17:55 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

一昨年は何も考えずに施肥していました。そろそろ施肥の事を考えて昨年の地植えの寒肥や鉢植えには、数が少ないのでBB専用のをバーゲン?で買いました。マグアンプKはもっぱら、家人の草花専用となっています。

★ From ぴん
2007.01.10.Wed / 19:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

なるほど~何故 混ぜ込まなくてはいけないのかが
わかってスッキリです。
そんな理由があろうとは!


そろそろ寒肥も考えないといけない季節になりましたね~。
オリジナルブレンドでいくか
及○さんの肥料を見てからにするか
悩んでおります^^

★ From kyouko
2007.01.10.Wed / 20:40 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

ブルーベリーの本を読むと「アンモニア態チッ素」を何gとか書いてあって面倒くさくなります。
その点、BB専用を使えば問題ないと思いますが。
私も今年は何か一工夫しようと思います。
マグァンプKは草花にはてき面に効果があるみたいです。

★ From ブルーマチス
2007.01.10.Wed / 22:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

お忙しいピークはやっと済みましたか。
袋に「土に混ぜこむだけ」と書いてあるのを読んでいても無視していました。
「使いやすくて便利だよ」と解釈していました。
ところが「混ぜこむ」以外の使い方はしないでね。ということだったんですね。

オリジナルブレンドなるものがおありなら、またその内教えてくださいね。

★ From ブルーマチス
2007.01.10.Wed / 22:29 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
年明けから、とてもお買い得な苗を購入されて良かったですね。
でも、植え替え等お疲れ様でした!

初心者ながらに肥料は色々と買い揃えておりますが、
何種類も多用してもいいものか、肥料やけが恐くてちびちび使用しております。

混ぜ込むという事が大切なんですね!
勉強になりました☆

★ From nikoti
2007.01.10.Wed / 23:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
肥料を何種類もお持ちなんですね。
このマグァンプKは肥料やけの心配が少ないらしいです。
多分、根が溶かす分しか溶けないので、必要以上の肥料は供給されないのだと思います。
強い肥料は心配ですよね。

★ From ブルーマチス
2007.01.11.Thu / 10:03 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

こんばんは、
わたしも元肥はマグアンプ使ってます。
ちょっとお高めですが、なんだか一番安心できます。
追肥は、クレマチスの会で共同購入しているものを
何種類か使っています。

クレマチスの分類は難しいですね。
別系統同士の交配も進んで、どこに入れると良いか
わからないものもありますし。
わたしは、方式にこだわらず、
自分が品種を増やしたときに、分類してわかりやすいように
分けています。

★ From chiko
2007.01.12.Fri / 22:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

 おはようございます、今日は寒肥やら柿の剪定やら予定してるんですが なかなか外に・・・
寒肥えついでに、マグアンプ、発根直後にもいいですよね・・とにかく臭いやムシの心配が無いですから。
 一度に少量しか使わないので 中粒を、百均の小さなスリ鉢(注ぎ口付き)で粉砕して使ってますが、飛び散って厄介。お金をかけず、何かいい手が無いでしょうかね。
 ここ一発、過燐酸石灰(過石)を覚えると面白いですよ・・さあやろうかな。

★ From ヒヨドリ
2007.01.13.Sat / 09:51 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

chikoさんも元肥はマグァンプですか。
悪臭や虫も来ないのでいいですよね。
値段は1g1円くらいですが(1.3kg1300円台)、私は980円の時(中粒のみ)にまとめ買いしています。
追肥はクレマチスの会で共同購入とは羨ましいです。
私は昨年1000倍液肥をほぼ毎日遣りました。リンは十分ですがチッソ不足だったかも知れないと反省しています。

クレマチスの分類は分類は難しいですね。
chikoさんの分類も何べんも拝見しました。(横文字なので苦しいですが。)
早咲き大輪方式でされているのが、私の知るところでは、「chikoさん、風車さん、木漏れ日さん」です。パテンス方式のブログはまだ見つかっていません。
私も私流(すきな分類のチャンポンで)でいくしかないかと思い始めています。

★ From ブルーマチス
2007.01.13.Sat / 09:55 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

chikoさんへの返信を書いていたら、4分前にヒヨドリさんも臭いやムシのことを書かれていましたね。
中粒を小さなスリ鉢で粉砕するのですか。いいアイディアですね。さすが経験の差ですね。いろんなことをご存知ですね。
こうすると追肥としても使えますね。早速100均へ行ってきます。

例のデキシーの細根なしにも、この粉砕した粉を土の中の根の近くに埋めてやりますかね。
その前にメネデール100倍液に鉢ごと半日浸けておこうと思っています。

過燐酸石灰ですか。また調べることが増えました。(笑)
硫安を買ってきたとき、隣に置いてあったのが「リン燐」だった気します。
(隣と燐は左辺が違うだけですね。)

こちらも今、少し日が射してきました。私も外へ出ます。

★ From ブルーマチス
2007.01.13.Sat / 10:37 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

年末開設したブログ、「受信板」というスレッドの下にコメント出来るようになってますがダメですか?

もう何件も入ってますので、大丈夫と思いますが・・
また、長引きそうな内容でしたら、必要に応じて当方にて新規のスレッドに引き上げます。

★ From ヒヨドリ
2007.01.14.Sun / 16:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

ブログ掲示板を拝見しました。
URL欄を空白にしたら書き込みできました。
URL欄に文字が入っていると下記のエラーがでました。
書き込める方法が分かりましたので、今後はこの方法で書き込みさせてもらいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エラーが発生しました。
・このブログの管理者での受付規制により投稿できません。

★ From ブルーマチス
2007.01.14.Sun / 18:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

遅ればせながら・・・今年もどうぞ宜しくお願いします。

マグァンプKの記事、大変参考になりました。
元肥に・・・とか書いてあるけど、べつに撒いてもいいんでしょ?なんて
気軽に考えていました。
それでは全然ダメだったとは・・・。
いつまでもいい加減園芸ではいけないな~と反省です。

★ From lazuli
2007.01.16.Tue / 16:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

マグKは私も知らなくて上から撒いていましたが、まだ溶けなくて白い粒のままです。(笑)
それで最近、土を1cmほど掘って埋めましたよ。

lazuliさん宅はうどん粉が酷いと何処かで読みましたが、我が家は皆無です。
木酢液を毎日遣ったからかも知れません。
今年は石灰硫黄合剤の10倍液散布もしましたよ。枯れ葉品種だけですが。

★ From ブルーマチス
2007.01.16.Tue / 17:38 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

マグァンプって水に溶けないんですか。
てっきり水に溶けて吸収されるんだと思っていました。
いい情報ありがとうございます。

★ From そよかぜ
2007.01.17.Wed / 00:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

そうです。水に溶ける層は少ししかないみたいです。
それと根っことは意識的に触れる場所に埋めた方がいいみたいです。
マグkを土で隔離するとそこに根が伸びてくるまで、溶けるのが遅くなるような気がしますよ。

★ From ブルーマチス
2007.01.17.Wed / 10:35 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。