スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 クレマ挿し木 鉢上げ後 その後4  -  2006.11.12.Sun / 15:52 
クレマチスの挿し木 その後3 鉢上げ のその後の生長具合を報告しますね。
鉢上げしたのが9月初めですから2ヶ月と10日ほど経ちました。
品種はすべて「ベル・オブ・ウォッキング」です。(太根タイプです。--重要)

用土と写真番号の関係です。
左端の数字は写真番号です。

1.超硬質赤玉土小粒5:バーク堆肥(樹皮100%)3:バームキュライト2
2.超硬質赤玉土小粒5:バーク堆肥(樹皮100%)3:くん炭2
3.超硬質赤玉土小粒4:硬質鹿沼土小粒4:くん炭2
4.超硬質赤玉土小粒5:堆肥(野菜くず他)3:硬質鹿沼土小粒2
5.超硬質赤玉土小粒5:堆肥(野菜くず他)3:硬質鹿沼土小粒2
6.超硬質赤玉土小粒5:堆肥(野菜くず他)3:硬質鹿沼土小粒1:くん炭1
7.粒状培養土(花野菜用)(市販品14L 598円)
10.粒状培養土(花野菜用)(市販品14L 598円)
11.粒状培養土(花野菜用)(市販品14L 598円)
13.超硬質赤玉土小粒5:堆肥(野菜くず他)3:バームキュライト2
14.粒状培養土(花野菜用)(市販品14L 598円)

8、9、12の写真はありません。

鉢上げ前の根の量は「クレマチスの挿し木 その後3 鉢上げ 」を見てくださいね。
==================================
写真の上の数字は写真番号です。
1,2はバーク堆肥が3割入ったもの。3は鹿沼土が4割入ったものです。
いづれも生長いいです。元の発根も多かったですが。
         1            2          3
P1000966.jpg

4,5,6は野菜くず系堆肥が3割入ったもの。
いづれも生長悪いです。5,6は元の発根も多かったのですが。
鉢の土を指先でホジホジしようとすると固まっていて、土が動きません。
         4            5          6
P1000967.jpg

10,11は粒状培養土のもの。
いづれも生長いいです。10は元の発根も多かったです。
           10              11
P1000968.jpg

12,13は野菜くず系堆肥が3割入ったもの。
いづれも生長悪いです。いづれも元の発根も多かったのですが。
           12              13
P1000969.jpg

7,14は粒状培養土のもの。
いづれも生長悪いです。いづれも元の発根も少なかったです。
発根が少ないと10,11と同じ粒状培養土でも生長悪いです。
            7              14
P1000970.jpg


以上から簡単にまとめますと、
1.野菜くず系堆肥(野菜くず他)を入れたものは生長悪い。土が固まっている。
2.鉢上げ前の発根量が少ないと生長悪い。
3.バーク堆肥を入れたものは生長良い。
4.鹿沼土4割入れたものは生長良い。
5.くん炭とバームキュライトでは差が見られない。

以上は太根タイプのベル・オブ・ウォッキングの場合であり、
そして何よりも個人的興味で私好みの用土でテストしたものであります。1回限りのテストゆえ再現性を保証するものでありません。

細根タイプのハンショウヅルは「続きも見てね▽Open more」にあります。

「ハンショウヅルの挿し木成功」 記事のその後です。
ハンショウヅルは細根タイプです。

1,2は鹿沼土が4割入ったものです。
1は生長いいです。元の発根も多かったです。
2は元の発根が少し少なかったです。

4は粒状培養土に鹿沼土を1割入れたもの。
生長いいです。元の発根も多かったです。

3は野菜くず系堆肥が3割入ったもの。
生長悪いです。元の発根も少なかったです。

      1       2       4      3
P1000971.jpg

伸びがいいのは鉢上げ前の発根量が多かったので、
挿し木時点で如何にたくさん発根させておくが重要みたいです。
逆にいうと鉢上げ後に如何に根っこを増やすかが重要かな。

細根タイプは尚一層の排水性が求められるそうです。
軽石や日向土(ひゅうが土)を入れる方もおられます。

この写真の後、冬越しのためベル・オブ・ウォッキングもハンショウヅルもすべて2節残してカットしようと思います。

また生長の悪い番号のものは、生長の良い用土に植え替えようかと思います。

ブルーマチスさん はじめまして

発根量と栽培用土の違いがその後の成長に及ぼす影響について、面白く拝見させて頂きました。
 ありがとうございました。

★ From Takechianman
2006.11.13.Mon / 11:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

ご訪問いただきコメントありがとうございます。
全く素人考えのテストですが、公開させていただきました。
Takechianmanさんのようなプロ級?ベテランの方には恥ずかしい限りです。
超々初心者の方の参考に、少しでも失敗を避けるヒントになればと思います。

これからもよろしくお願い致します。

★ From ブルーマチス
2006.11.13.Mon / 20:01 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

こんにちは!
これだけの比較検討データを実施されて、凄いです!
とてもわかりやすくて、参考にさせていただきます。

我が家の「聖」も沈黙のままです・・・。
レシピは基本かわらないはずなのですが・・・。
このデータをもとに、植えかえしてみようかな?

★ From nikotti
2006.11.14.Tue / 06:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

参考になればうれしいです。

上の写真の品種は6、7月に挿し木して9月に鉢上げしたものです。
ツルの伸びも暖かい時季に伸びたものです。
聖と同じ10月に鉢上げした品種はこちらでもツルの伸びはほとんどありません。
でも無事に冬を越してくれればそれで良しとしたいと思います。
用土は植物にとって一生の寝床ですから、気を使ってあげたいですよね。
nikottiさんとこのも無事に冬を越せるといいですね。

★ From ブルーマチス
2006.11.14.Tue / 11:28 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

やってますねぇ~♪

やっぱり鹿沼を入れたものの成長が良さげですね。
根が鹿沼に入り込んで成長するらしいです。

私の場合、堆肥は鉢あげ時には使っていません。
ウチでは未熟の有機質が混じると根が弱る傾向にあるので・・・

いづれにしろ、なるべく長く葉が茂っている事も重要な事らしいので葉っぱにも液肥をせっせと掛けてあげてますo(*^▽^*)oあはっ♪



★ From akoya
2006.11.14.Tue / 11:29 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

あっそうか。離乳食ですね。
鉢上げ苗は赤ちゃんだから、いきなり栄養こってりでは下痢しちゃいますね。
しまったな。
でも今回のバーク堆肥(樹皮100%)は10年以上使っているメーカーのものだから完熟していると思いますけどね。
鹿沼土は必須ですね。同感です。弱酸性だしね。
(PH試験紙買ってきました。今度記事にしますね。)

葉っぱを付けておいた方が根っこは頑張るのですか。
じゃツルはまだ切れないですね。本格的な冬が来るまで切らないでおきますね。
液肥はこれまで土にしか掛けていません。葉っぱにはスプレーしますね。

追記:
今、レインボー液肥の容器説明を読みましたら「葉にかからないように」と書いてあります。
メネデールの説明を読みましたら「葉にも与えて光合成を促す」と書いてあります。
それでメネデールをスプレーしてきました。
メネデールは活力剤ですね。
akoyaさん宅は確か有機液肥でしたね。

★ From ブルーマチス
2006.11.14.Tue / 14:01 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
 Track back to this entry 
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。