スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ウィリー(アトラゲネ系)の開花  -  2010.04.29.Thu / 22:16 
ウィリー(アトラゲネ系アルピナ alpina 'Willy’)が咲きました。
Tさんから2008年10月に頂いた挿し木苗で初開花です。

2010年4月26日撮影
P1050404.jpg

淡いピンクで控えめな感じです。
大人しいのもいいですね。
P1050405.jpg

2010年4月29日撮影
花びら(ガク)がほぼ水平まで開いてくれました。
ここまで開かない方が良かったかも知れません。(笑)
P1050428.jpg

スポンサーサイト
No.831 / [クレマチス](アト)ウィリー / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 もう一度ウェッセルトンの花  -  2010.04.29.Thu / 12:52 
小鉢苗の「ウェッセルトン」は今がピークみたいなので、もう一度載せておきます。
花数8個。
P1050402.jpg

親鉢の方も咲き出しました。
花数は多いのですが、つる下げのし過ぎで、下の方で込み合って咲いてしまいました。
花後に蔓が伸びますが、上に伸びるスペースはあります。
伸びた後の開花を楽しみに待つことにします。
花数21個。
P1050407.jpg

P1050408.jpg
No.832 / [クレマチス](アト)ウェッセルトン / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 スパルタンの花:4種類  -  2010.04.27.Tue / 16:25 
我が家にスパルタンが4種類あります。
その花の様子です。

追記:2010年4月28日
2010年4月17日撮影のスパルタン(友人Aさんより)の蕾が余りに濃いピンクなので、同じ(友人Aさんより)のスパルタンの別の苗の蕾と花の写真を撮りました。

2010年4月28日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
蕾はピンク色と緑色が混在しています。濃いピンク色ではありません。
P1050420.jpg

2010年4月28日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
花の咲き始めの色も濃いピンクは見られません。
ほとんどクリーム色でわずかにピンクが混じっています。
これだと皆さん方のスパルタンと似ていませんか。
P1050421.jpg

2010年4月29日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
結実間近の花の様子です。
私の体で日陰になっています。
丸濃いお花が2つ、他はちょっと長めです。
P1050436.jpg
2010年4月29日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
P1050437.jpg

==================================================
2010年4月17日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
蕾は濃いピンク色です。
P1050357.jpg
2010年4月17日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
花にもピンクが混じっています。
P1050356.jpg
===日付変わって===
2010年4月19日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
口が広がってきました。
P1050369.jpg
2010年4月19日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
丸い花です。
P1050370.jpg
===日付変わって===
2010年4月23日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
ピンクの色が取れました。
P1050388.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
P1050389.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
開口部は広いです。
P1050391.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(友人Aさんより)
丸い花です。
P1050390.jpg

次の品種は==================================================
2010年4月17日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木(スワニー台木)
昨年は地根の花の紹介でしたが、今年はそれを接木した花です。
様子が一変した感じがします。
P1050358.jpg
2010年4月17日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
蕾は赤いです。
P1050359.jpg
2010年4月17日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
P1050360.jpg
2010年4月17日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
P1050361.jpg
===日付変わって===
2010年4月19日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
開口部は狭いですが、丸いです。
P1050367.jpg
2010年4月19日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
P1050368.jpg
===日付変わって===
2010年4月23日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
ピンクの色が取れました。
P1050395.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
丸いです。
昨年の地根の花は直径より長さが長かったです。
昨年の花の様子は「続き」から見れます。
P1050396.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(天香園)2008年接木
丸くなってスパルタンに近づいた感じです。
スワニー台木の影響を受けているのかな。
P1050397.jpg

次の品種は==================================================
2010年4月17日撮影
スパルタン(朝日園)接木
細長い花です。
P1050362.jpg
===日付変わって===
2010年4月23日撮影
スパルタン(朝日園)接木
P1050399.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(朝日園)接木
P1050400.jpg
2010年4月23日撮影
スパルタン(朝日園)接木
ガクが緑色です。
上の(友人Aさんより)と(天香園)のガクはピンクが少し混じっています。
P1050401.jpg

次の品種は==================================================
2010年4月26日撮影
スパータングロー(大関産)
先端部の花芽を取ってしまったので、残した花芽はまだ蕾です。
どんな花が咲いてくれるか楽しみです。
P1050412.jpg
続きも見てね▽Open more.
No.826 / [ブルーベリー]花 / COM(12) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 蜂さまの初来訪  -  2010.04.21.Wed / 08:50 
先日天気のよい暖かい日に蜂がやってきてくれました。

2010年4月19日晴れ撮影 気温23℃
マルハナ蜂というのでしょうか。
黄色い花粉かごをつけています。

オニール 1匹 1分間しかいてくれませんでした。
P1050375_20100419222740.jpg

P1050376_20100419222739.jpg

ジューンベリー 7匹ほど
蜂の名前がわかりません。
ニホンミツバチより小さいです。
P1050387.jpg

P1050385.jpg


マルハナバチって?

マルハナバチとは - Weblio辞書

たまにしか見かけない ニホンミツバチ
No.827 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(12) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ジューンベリーが開花  -  2010.04.19.Mon / 20:32 
2010年4月16日雨の日の開花様子です。
桜が満開の頃にチラホラと咲き出すみたいです。
P1050352.jpg

P1050353.jpg

今日2010年4月19日晴れの開花様子。
満開とはいきませんが、8分咲きでしょうか。
ジャムを作りたいのですが、昨年は種を漉すのに苦労し、ザルで漉すのを3回ほど(煮ては漉すの繰り返し)実施したら風味がなくなってしまいました。
どなたかがブラックベリーの種漉し方法で「ミキサーにかけてから」煮て、ザルで漉すようなことを書かれていましたので、今年はこの方法で試してみたいと思います。
P1050378.jpg
No.825 / [ジューンベリー] / COM(10) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿し:スパルタン  -  2010.04.19.Mon / 20:15 
接ぎ挿しのスパルタンの様子です。
葉芽が少し伸びてきました。

まだすべて生きています。
これから気温が上がるので、密閉挿し内の温度管理をどうするかです。
30℃以下をキープするには、直射日光の当たりすぎもよくありません。
遮光ネット(遮光率60%)を張った場所へ、30℃近くになると鉢移動させています。

P1050349.jpg
P1050350.jpg
No.824 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ウェッセルトンが開花  -  2010.04.16.Fri / 17:57 
アトラゲネ系マクロペタラ「ウェッセルトン」の小鉢苗が開花しました。
やっぱり最高です。

和風っぽい花なので我が家のわずかに苔むしているところで撮影しました。
(背景がちょっとまずいですが。)

P1050354.jpg

我が家で最初の開花は今年もウェッセルトンでした。
P1050355.jpg

昨年は4月14日に親株の開花記事を書いていました。
今年の親株はまだ蕾です。
今年は晴天の日が少なくて日照不足ですから、そのせいでしょうか。

追記:
「続き」に2010年4月19日晴れ撮影の写真を追加しました。

もっと開いて、ヒラヒラ感が素敵になりました。
続きも見てね▽Open more.
No.823 / [クレマチス](アト)ウェッセルトン / COM(12) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接木の天敵:ナメクジ  -  2010.04.15.Thu / 20:10 
どうも接木の新芽がナメクジにかじられていそうな気がして、証拠写真を取りました。
ナメクジ写真の前にまず対策写真から。

8号鉢は霜よけ用のワイヤーを鉢に2本刺して、透明ごみ袋45㍑に鉢ごと入れました。
上には空気穴用の紙管を入れて縛りました。
P1050333.jpg

10号鉢は透明ごみ袋45㍑に鉢ごと入れました。上は全開放です。
これでもビニール袋の壁を登ってくるのがいました。
登りきる10cm手前でカットしましたが、毎晩監視しているわけではないので、果たして効果は?
P1050334.jpg

25リットル鉢も透明ごみ袋45㍑に鉢ごと入れました。上は全開放です。
鉢は重くてごみ袋に入れにくいので、まず空の鉢をごみ袋に入れて、その鉢の中に植木鉢を入れました。
ごみ袋の底が移動中にこすれて破れやすいので、更に空の鉢に入れました。
P1050335.jpg

どうしてもナメクジの証拠写真を見たい方は、「続き」をご覧ください。
続きも見てね▽Open more.
No.820 / [ブルーベリー]接木 / COM(18) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 クレマチスに肥料と農薬  -  2010.04.13.Tue / 22:28 
先日クレマチスに肥料と農薬を施しました。

肥料は「マイガーデン植物全般用」です。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00523.html

うどん粉病の予防に「パンチョTF顆粒水和剤」です。
http://item.rakuten.co.jp/ivy-believe-happiness/nouyaku-010/

クリックするとエクセルシートが開きます。
2010年の追肥記録


昨年12月末に石灰硫黄合剤の10倍液を蔓に散布しました。
また石灰硫黄合剤の200倍液を株元に潅水しました。
潅水は初めてでしたので、ちょっと心配でしたが、元気に新芽を出して伸びてきています。
これでうどん粉病を防げるなら、今年末も潅水しようと思います。

追記:
ラズベリーには「IB化成S1」を施肥しました。
No.822 / [クレマチス](育て方) / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 我が家のクリスマスローズ  -  2010.04.13.Tue / 13:59 
記録として残しておきます。(クリロー、ヘレボルスの区別もよくわかっていません。)

よい表現が見つかりませんが、(ピコ、dd、とか)
赤紫でそばかす状の点々が花びらの外周まで付いていません。
P1050339.jpg

赤紫でそばかす状の点々が花びらの外周まで付いています。
P1050337.jpg

白の縁取りがピンクの八重です。
P1050338.jpg

白です。
P1050336.jpg

白に紫のそばかすが入っています。これのみ地植えです。
P1050340.jpg

追記:2010年4月19日
濃い赤紫です。
そばかすがありません。
P1050366.jpg

No.821 / [その他の花たち] / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しから1ヶ月  -  2010.04.08.Thu / 20:13 
2010年3月8日に接ぎ挿ししてから、1ヶ月が経ちました。
寒い日が続き、曇り空では密封挿しのビニール袋の中の温度は上がりませんでした。

そんななか、プルとヌイの葉芽が1cmほど伸びました。
すべて生き残っています。
P1050319.jpg

スパルタンは硬い芽がほころんで、5mmほどの緑色の芽に変わってきました。
P1050320.jpg

上記の拡大です。
P1050321.jpg

密封挿しなので、ビニール袋の内側に水滴が付いています。
時々指で弾いて、水滴を落として、中の様子を観察しています。
今日みたいにお日様が出ると、気温13℃でも袋の中は25℃くらいです。
30℃以上にはしたくないので、今後は空気抜き穴が必要かも知れません。
P1050322.jpg
No.817 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(16) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 安曇野からの贈り物  -  2010.04.08.Thu / 19:54 
安曇野から座敷童さんのご好意でラビットアイ系を送って頂けることになりました。
太いシュートを持った地堀苗のラビットアイ系です。
これでまた接木ができます。

フェスティバル、ウッダート、マイヤーズ、メンディトーともう1本。
それにT100の小苗が4本です。

さすが地堀苗は立派です。
ありがとうございました。


P1050318.jpg
No.818 / [ブルーベリー]接木 / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 プチ接木をしてみました  -  2010.04.05.Mon / 22:02 
プチ接木をしました。
多分NHさんが初めて使った言葉だと思いますが、私なりの解釈は昨年挿し木のチビ苗の挿し穂そのものに接ぐことだと思います。

下記は2009年3月に挿し木した生長の悪いブルーシャワーです。
枝が2本出て、花芽も付いていますが、この2本の枝は切って、挿し穂そのものを台木に使います。
この挿し穂は地表から6cmほどの高さがありますので、接ぎやすいです。
P1050314.jpg

まずはスパルタン(ビックスパータン)を接ぎました。
P1050315.jpg

テープを巻きました。
P1050316.jpg

全部で5本4品種のプチ接木です。
どれだけ成功するでしょうか。
鉢サイズは4号です。
P1050317.jpg

生長の悪い2009年挿し木苗は他にもあるのですが、挿し穂が地表から2cmくらいと低すぎるため、プチ用台木として使えません。
もっと長い挿し穂を使っておけばよかったです。
また竹串太さのものも細すぎて使えません。
タバコ太さくらいがいいですね。

今年はタバコ太さで地表6cmの挿し木を5月連休までに実施する予定です。
その挿し穂はまだ野菜室で眠っています。
暖かくなってから挿し木をした方が良いとの情報を得ましたので。
No.816 / [ブルーベリー]接木 / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 クレマチスの地中芽  -  2010.04.03.Sat / 10:40 
地中から新しい芽が出始めています。

昨年までは白いフェンスの庭側(内側)にネットを張っていたのですが、今回は道路側(外側)にネットを張って、道路側にたくさん咲かせる作戦です。

それで昨年11月にネットを移動させるため、絡まっている蔓をかなり短く、80cmくらいに切りました。
そのためでしょうか、ドクターラッペルなどパテンス系の品種からも地中芽がたくさん出ました。
「株全体の若返り」ができるといいのですが。
パテンス系は本来「前年枝から花芽が伸びる」に分類されています。

ドクターラッペル(パテンス系)
P1050305.jpg

小雪(パテンス系)
P1050307.jpg

紫辰殿(パテンスの八重系)
P1050309.jpg

以下の3品種は本来、地中(株元)から新芽が出るタイプです。

踊場(ビオルナ系)
新芽の数は15個くらいです。今年も楽しみ。
P1050310.jpg

プリンセス・ダイアナ(テキセンシス系)
新芽の数は25個くらいです。今年も楽しみ。(昨年は20個、2008年が10個)
P1050311.jpg

エリオステモン(インテグリフォリア系)
伸び具合が一番良いです。
P1050313.jpg
続きも見てね▽Open more.
No.815 / [クレマチス](育て方) / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 皇帝ダリアの挿し木の芽  -  2010.04.03.Sat / 10:38 
昨年2009年12月29日に皇帝ダリアの挿し木をしましたが、現在少し芽が出てきました。
暖かい地方の方は、もっと伸びているでしょうね。
用土は水苔のみ。

P1050303.jpg

10個ほどの挿し穂は地中20cmに、横に寝かせて埋めてあるのですが、まだ掘り出して見ていません。
どうなっているかな。

追記:2010年12月15日
1.地中20cmに埋めた挿し穂は腐っていました。(2010年5月)
2.上記写真の挿し穂は、玄関内だと水苔にヌメリが出てきましたので、急遽外に出しました。
その後生長を続け、今年晩秋に開花しました。
3.挿し木の方法は下記HPの方法が良いと思います。
http://www.mc.ccnw.ne.jp/kamome/kouteidaria.htm
4.皇帝ダリアの挿し木用の挿し穂プレゼントの記事を下記に載せました。
挿し木してみたい方はぜひご応募ください。
下記をクリックしてください。
「皇帝ダリアの挿し穂プレゼント」
No.814 / [その他の花たち] / COM(10) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。