スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 待てないラズベリージャム  -  2007.03.31.Sat / 17:09 
昨年買ったラズベリーはやっと新芽が出だしたところです。
白い花が咲いて、実が出来て、実が熟くして。

我慢できなくて冷凍品ラズベリーでジャムを作ってもらいました。
いい色しているでしょ。美味しいですよ。
食パンにつけて、口を近づけると鼻からいい香りがして、
口に入れると適度の酸っぱみといい風味がして、幸せ感が広がります。


つぶつぶ感が口に残りますが、これがまたいいのです。
冷蔵庫から出したので、ビンはすこし曇っています。
P1010446.jpg

今のラズベリー苗です。
シュートの新芽が9本出ていますが、これらに実が付くのは今年の秋からです。新シュートを6月頃に少し切り戻して、横枝を出させるようにすると収穫量が増えるとのことです。
名前なしで買ったのですが、どうも「インディアンサマー」らしいので、我が家では「インディアンサマー」に決めました。3本あります。
P1010447.jpg

我が家にはこの他に「サマーフェスティバル」が2本あります。
これは名札付きで買ったので間違いありません。

レシピ:
冷凍品ラズベリー   250g?(イオン系列店)
グラニュー糖     125g?
レモン        半分
?つきですみません。
だまされたと思って作ってみてください。本当に美味しいですから。

ところで「香り」と「風味」の使い方は合っていますか?
「香り」は鼻から吸う匂い。
「風味」は口の中で感じる匂い。おもむきのある味わい。

スポンサーサイト
テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用
No.178 / [ラズベリー] / COM(11) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ルーベンスの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.31.Sat / 14:56 
昨年挿し木して、まだ1年も経たないチビ苗ですが、挿し木がたくさん成功しましたので、その1本を無謀にも庭植えしました。
しかもモンタナ系なのに、南西向きにです。
無事に育ってほしいですが。

詳細は「スノーフレークの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。

1.直径22cm、深さ25cmの穴を掘りました。
正面が南西です。午後3時頃に太陽はまともに当たります。
底に鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 マグァンプkを5g/㍑)15cmほど入れました。
モンタナ系なので、水はけ重視の用土です。


2.ビニポットから抜いた状態です。
P1010440.jpg

3.鉢上げして冬を室内で越しましたので、根は少し増えたでしょうか。
P1010441.jpg

4.穴全部に鹿沼土混合土を入れました。
この後オーストラリアチップLサイズを3cm被せました。
P1010443.jpg


予備苗は鉢植えしてあります。
他に、ベル・オブ・ウォッキングも挿し木苗がたくさんありましたので、1本を庭植えしました。
お譲りした方には、「1年目は鉢植えしてください」と言っておきながら、すみませんです。
 ハンショウヅルの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.30.Fri / 19:47 
夏の暑さに弱い品種なので、植えた場所は西北西の角で、隣りのマンションの電柱の影です。
スノーフレークの右隣り(奥側)です。

詳細は「スノーフレークの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。

1.直径22cm、深さ25cmの穴を掘りました。
シャベルの影は11時30分頃です。10時30分頃から日が当たります。
右の影は私がカメラをかまえているところです。
P1010435.jpg

2.鉢から抜いて横に寝かした状態。
つる下げをしたので蔓は下の方で丸まっています。


3.株の用土は赤玉土主体でした。
P1010432.jpg

4.細根です。細根が元気そうで良かったです。
P1010434.jpg

5.鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 マグァンプkを5g/㍑)で株全体を包みました。
穴全部に鹿沼土混合土を入れました。
水はけ重視の用土です。
P1010436.jpg

6.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
P1010437.jpg

テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用
No.175 / [クレマチス](原種)ハンショウヅル / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 クランベリーの庭植え:半日陰と超半日陰に  -  2007.03.30.Fri / 10:22 
日当たり場所に2株植えたのに続き、半日陰と超半日陰の場所に1株づつ植えました。
クランベリーは「涼しい環境を好み、耐暑性はあまり強くない」とのことです。

A。南西向きの半日陰
1.縦40cm、横40cmで深さ30cmの穴を掘りました。
正面は南西です。 左からの影は朝10時くらいのラティスの影です。
左はアーマンディ アップルブロッサムです。
正面は山アジサイです。(穴の中に見える根っこは山アジサイの根です。酸性用土に埋もれてどんな色の花が咲くでしょうか?)
黄色モッコウバラもあります。
これらが日陰を作ってくれるはずです。
1年草も植える予定です。


2.用土は前回のものに鹿沼土も加えました。(市販鉢内の用土が軽石と鹿沼土だったので)
水苔:ピートモス:鹿沼土=4:4:4 (くん炭を少々、マグァンプK 5g/㍑)
圧縮してある水苔をほぐしてから手でちぎって、多少細かくしました。
写真は底に用土を入れてその上に苗を置いた状態です。
P1010417.jpg

3.苗全体を水苔混合土で包んで、不足分はピートモス:鹿沼土=7:3を入れました。
前回の日当たり場所の不足分は庭土でした。
P1010420.jpg

4.オーストラリアチップLサイズを3cm被せました。
P1010422.jpg


次に
B。北西向きの超半日陰です。

1.縦40cm、横40cmで深さ30cmの穴を掘りました。
正面は北西です。 3階建てのマンションがあります。
左からの影は午後2時くらいの我が家の影です。
午後2時半くらいになると1時間ほど日が当たります。
30cm掘ると下水管がありました。
P1010423.jpg

2.下水管の上にプランターに使っていた底板を置いて、スコップなどで下水管を破らないようにしました。
P1010425.jpg

3.水苔混合土(鹿沼土入り)で苗を包みました。
P1010426.jpg

4.不足分はピートモス:鹿沼土=7:3を入れました。
P1010428.jpg

5.オーストラリアチップLサイズを3cm被せました。
P1010429.jpg


これで鉢植えと合わせて8株です。
(2株を1鉢に植えたのもあるので、鉢数は3鉢です。)
今年はどれくらいの量が取れるでしょうか。
ジャム1ビンは無理でしょうね。
テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用
No.174 / [クランベリー] / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 クランベリーの庭植え:日当たり場所に水苔で  -  2007.03.29.Thu / 07:09 
クランベリーの露地植え情報が少ないので、不安ですが大株になることを願って庭植えすることにしました。
クランベリーのジャムは最高に美味しいですよ。

育て方は下記のようです。
「栽培する場所は日なた。涼しい環境を好み、耐暑性はあまり強くないので、半日陰でもよいでしょう。
酸性土を好みますので、用土を使う場合はブルーベリー用の土などが適しています。
クランベリーは湿地・沼地に自生するため大変水分を好み、水切れに弱い植物です。常時、湿っている状態にしてください。
冬に寒さに当てることで開花結実しやすくなります。」

2鉢を日当たりが良すぎる場所に植えました。
(別の1鉢を半日陰、もう1鉢を超日陰に植える予定です。)

1.縦60cm、横40cmで深さ30cmの穴を掘りました。
正面は東南です。
両サイドはブルーベリーです。


2.花ラベルに用土は水苔と書いてあるので、水苔を混ぜることにしました。
これは150g(8㍑)で278円。他にAA+やAAAランクがありました。
P1010402.jpg

3.水苔:ピートモス=4:4 (くん炭を少々、マグァンプK 5g/㍑)
写真は1株分の量で約8㍑。
圧縮してある水苔をほぐしてから手でちぎって、多少細かくしました。
P1010403.jpg

4.植える苗をプラ鉢から抜いたもの。
昨年(2006年)12月に安く購入したものです。
この時皆さんからコメントを頂いたのですが、結局水苔を混ぜることにしました。
P1010405.jpg

5.株のアップです。軽石と鹿沼土です。水苔など入っていません。
P1010406.jpg

6.ストレート水道水で用土の外周を1cmほど落としたところ。
軽石が多いです。6:4で軽石です。
もし鉢内に水苔など入っていたら、夏の暑さで根ぐされするからでしょうね。
P1010407.jpg

7.苗の下に水苔混合土を置き、苗全体を水苔混合土で包みました。
P1010409.jpg

8.水苔混合土が1株あたり8㍑では足らないので、不足個所には庭土を入れました。
P1010411.jpg

9.バークチップMサイズを4cm被せました。乾燥防止です。
P1010412.jpg

10.更にオーストラリアチップLサイズを2cm被せました。
周りには1年草を植えて日陰を作る予定です。(多分、アフリカンマリーゴールドで囲むよ。)
うまく夏を乗り切ってくれるでしょうか?
P1010414.jpg

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用
No.173 / [クランベリー] / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 黄色実ラズベリーの庭植え:プランター風  -  2007.03.27.Tue / 23:50 
美味しいらしい黄色のラズベリー苗をHCで買ってきました。
ラズベリーのサッカーは思いもよらないような離れたところからでも出るので、それを防ぐため苗周囲を草よけマルチシートで囲って植えました。
まるでプランターごと庭に埋めた感じと同じなので、プランター風としました。
草よけマルチシートはこちら

1.縦40cm、横40cmで深さ30cmの穴を掘りました。


2.まず側面に草よけマルチシートを張りました。(水は通すが根は通さない。)
シート高さは底に余分な折れ曲がり部分がないようにします。
(折れ曲がりがあると、シートが張りにくいので)
次に底にシートを敷きます。これは前後左右に10cmくらいづつ大きめして、側面部分に立ち上がります。
レンガでシートが倒れてこないようにします。(レンガは庭土を入れる前に取ります。)
P1010391.jpg

3.シートの外側に庭土が入らないように、板を当てて庭土を入れます。
シートの重ね合わせ個所にも庭土が入らないようにします。
この庭土にはバーク堆肥と籾殻がしっかり入っています。
P1010392.jpg

4.板を抜きます。
最終的にはシートが見えないように2cmほど庭土を被せます。
P1010394.jpg

5.植える苗です。398円でした。
P1010395.jpg

6.新しい芽が地際から少し出ている苗を買いました。
P1010396.jpg

7.直径30cmくらいの穴を掘って、用土を5cmほど置き、その上に苗を置いて、苗全体を用土で包むようにしました。
用土はブルーベリー用と同じで
ピートモス:鹿沼土:パーライト=7:3:1.5 マグァンプ5g/㍑
不足分は庭土を被せました。
P1010397.jpg

8.オーストラリアチップのLサイズを被せて完成です。
今年、味見する程度に実がなってくれるでしょうか?
P1010400.jpg


買ったのは名なしですが、もしも「ファールゴールド」なら
育て方はこちら

============================
追記:2009年4月4日
上記の方法ではうまくいきませんでした。
サッカー、シュートが草よけマルチシートで囲まれた場所以外からも出てきました。
草よけマルチシートでは根っこがシートを貫通してしまいます。
メーカーによって違うのかも知れませんので、断定はできませんが。
============================

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.172 / [ラズベリー] / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ホームベルの植え替え:釉薬鉢へ         -  2007.03.25.Sun / 10:50 
プラ鉢から釉薬鉢(うわぐすりを塗ったもの:化粧鉢)に植え替えました。
ホームベルは3鉢ありますが、庭植え、木製鉢と、この鉢です。
釉薬を塗った鉢は通気性はよくありません。どうなるでしょうか。

1.植え替え前:鉢から抜いたところ。
P1010339.jpg

2.株のアップ。ピートモス、鹿沼土、パーライトです。根ぐされなし。
底の根っこがネット袋に入れた鉢底石をしっかり抱えています。
P1010337.jpg

3.4方向をノコギリで根切りしました。
プラ鉢とこの鉢の大きさがほぼ同じなので、新しい用土を入れる隙間がないため根切りしました。
P1010341.jpg

4.植え替え完了。
補充した用土はピートモス:鹿沼土:パーライト=7:3:1.5
(マグァンプK 5g/㍑)で庭植え用土と同じです。
2005/12 HCで 680円で購入したもので今年が5年目でしょうか。
花芽がたくさん付いているので、この鉢は芽かきも少なめにしてたくさん実をつけてみようかと思います。
(昨年はすべての花芽を取って実を付けさせませんでした。)
P1010344.jpg

5.ホームベルの花芽
P1010353.jpg

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用
No.171 / [ブルーベリー]R/E-スワニー / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ティフブルーの植え替え:ミミズ編  -  2007.03.24.Sat / 14:15 
庭植えしたティフブルーの他にもう1鉢あるので、駄温鉢に植え替えました。
株を水洗いした後のアップ写真にミミズが写っていました。
それを知らずにそのまま植え替えてしまいましたが、ミミズは益虫?それとも害虫?ですか。(虫とは言わないけれど)

1.植え替え前:鉢から抜いたところ。
ブルーベリーを初夏に剪定 その後1」の「続く」に書いた鉢です。(2005/09 HCで 200円で購入。)


2.株のアップ。ブルーベリーを始めたばかりの頃なので、ピートモス:鹿沼土=5:5 です。根ぐされなし。
P1010329.jpg

3.ストレート水で外周の用土を1cm落とした後。
根張りは良好。
P1010331.jpg

4.なんとミミズが1匹。写真の左の中央。
ミミズの糞が良い働きをするらしいことは分かっていたのですが、
最近、用土をドロドロにしてしまうのでないかと懸念を抱くようになりました。
根っこは食べないよね。
ミミズを見つけたらそのままにしておくべきか、それとも取り除くべきでしょうか?
ミミズコンポスト→http://journeytoforever.org/jp/compost_worm.html
P1010332.jpg

5.駄温鉢に植え替え完了。
駄温鉢の方がプラ鉢より根張りが良いらしいので、試しています。
補充した用土はピートモス:鹿沼土:パーライト=7:3:1.5
(マグァンプK 5g/㍑)で庭植え用土と同じです。
P1010334.jpg

6.ティフブルーの花芽
P1010335.jpg

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用
No.170 / [ブルーベリー]R/E-ティフブルー / COM(12) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルーレイの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.23.Fri / 23:33 
今回はノーザンハイブッシュ系のブルーレイです。
ノーザンハイブッシュ系は北の方では育てやすいですが、
我北陸では特に庭植えでは育てにくいと言われています。
その中でブルーレイは比較的庭植えに強い品種とのことなので、庭植えすることにしました。

この株は昨年12月に駄温鉢に植え替えたばかりなので、根切りは 済んでいます。
(木製鉢と2鉢ある内の駄温鉢の方です。)
「ブルージェムの庭植え(鉢増し風)」と違う個所のみ記載します。
詳細はそちらを見てください。
1.縦50cm、横50cmで深さ22cmの穴を掘りました。


2.事前に準備してあるピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を穴に入れ、更にパーライトを穴に入れる。
パーライトの粒の大きさと硬貨の比較です。粒は前記のビーナスライト20号です。
この後、下の庭土とよく混ぜる。
庭土と混ぜる深さは表面から40cmになるように勘でスコップを入れる。
P1010318.jpg

3.直径30cm、深さ30cmの苗用穴を掘り、2枚のダンボールで囲む。
P1010319.jpg

4.植える苗の全体写真
2005/11に398円でHCで買ったもの。
太いシュートも出て、よく伸びたものだ。
剪定した後です。
(フラッシュで影が出来てしまった。)
P1010320.jpg

5.株のアップ。
根きりは済んでいるので、水洗いもしなかった。
P1010321.jpg

6.ダンボール内の底にピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を入れ、その上に苗を置いた。
P1010322.jpg

7.苗の上と周辺に混合用土を入れた。
入れたピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土は合計17.5㍑。マグァンプKは5g/㍑。
P1010323.jpg

8.バークチップを7cm被せました。
支柱は100均の16Φです。
P1010324.jpg

9.これで今年庭植え予定の全て9本を植え終わりました。
その内の6本の全景です。
木と木との間には花を植える予定です。
画面左奥(車に近い方)にラズベリーが5本植えてあります。
P1010327.jpg

参考:樹高 55cm  0703現在
テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用
No.169 / [ブルーベリー]NHB-ブルーレイ処分済 / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 シャープブルーの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.22.Thu / 21:15 
これまでは全てラビットアイ系でしたが、
今回はサザンハイブッシュ系のシャープブルーです。

この株は昨年12月に駄温鉢に植え替えたばかりなので、根切りは 済んでいます。
「ブルージェムの庭植え(鉢増し風)」と違う個所のみ記載します。
詳細はそちらを見てください。
1.縦50cm、横50cmで深さ22cmの穴を掘りました。
P1010233.jpg

2.事前に準備してあるピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を穴に入れ、更にパーライトを穴に入れる。
パーライトの粒の大きさと硬貨の比較です。粒は前記のビーナスライト20号です。
この後、下の庭土とよく混ぜる。
庭土と混ぜる深さは表面から40cmになるように勘でスコップを入れる。
P1010234.jpg

3.直径30cm、深さ30cmの苗用穴を掘り、2枚のダンボールで囲む。
P1010236.jpg

4.植える苗の全体写真
2005/11に398円でHCで買ったもの。
太いシュートも出て、よく伸びたものだ。
剪定して咲き掛けた花芽は取った後です。
P1010237.jpg

5.株のアップ。
根きりは済んでいるので、水洗いもしなかった。
P1010238.jpg

6.植え替え完了。
ダンボール内に入れたピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土は合計18.5㍑。マグァンプKは5g/㍑。
この後バークチップを7cm被せました。
P1010239.jpg

参考:樹高 45cm  0703現在
No.168 / [ブルーベリー]SHB-シャープブルー / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ピートモスの追加購入  -  2007.03.22.Thu / 21:14 
前回購入したカナダ産ピートモスがなくなったので、
追加購入しました。
今回もカナダ産の6キュービック(圧縮170㍑)ですが、メーカーが違うようです。
地元のブルーベリー畑経営者から紹介してもらった園芸資材問屋さんから購入しました。
価格は安かったです。



No.167 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 サウスランドの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.21.Wed / 22:36 
前回の3本に引き続き、その隣りの列にもう3本植える。
隣り列との間隔は85cm。苗間隔は前回と同じ60cm。

「ブルージェムの庭植え(鉢増し風)」と違う個所のみ記載します。
詳細はそちらを見てください。

1.縦50cm、横50cmで深さ22cmの穴を掘った後、
事前に準備してあるピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を穴に入れ、更にパーライトを穴に入れる。
この後、下の庭土とよく混ぜる。
庭土と混ぜる深さは表面から40cmになるように勘でスコップを入れる。
直径30cm、深さ30cmの苗用穴を掘り、2枚のダンボールで囲む。
黄色の水平器で50cm角穴周りの水平を一応確認している。


2.植える苗の全体写真
2005/11に298円でHCで買ったもの。元気なシュートも出てかなり伸びた。
9月の新シュートの剪定記事はこちら
予想どおり9月に剪定したのでは、その後剪定個所から伸びたチビ枝2本(画面右上)には、今年花芽は付きませんでした。
7月までに剪定すれば花芽が付きます。
P1010225.jpg

3.株の根張り具合は1年ちょっとにしてはまあまあ良い。
P1010226.jpg

4.水道水を「ストレート」にして、用土を深さ1cmほど落とした状態。(外周のすべて)
根が浮き出てくる。
P1010229.jpg

5.苗の方向性を決めて苗をダンボールの中に置き、苗周囲に混合用土を入れる。
周囲を棒で突っつくと用土が5cm下がる。(用土合計26.5㍑ マグ105g 穴が深かったため用土量多い)
ダンボール中の白い棒が突っついた棒。
この後で、ダンボール周囲には庭土用土を入れ、ダンボール2枚を抜いて、バークチップを7cm被せて、完成。
P1010230.jpg

参考:樹高 75cm  0703現在
テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用
No.166 / [ブルーベリー]R/E-サウスランド / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ピッチェリの植え替え  -  2007.03.20.Tue / 08:53 
実生苗(2006/3/20に鉢上げ)が大きくなりましたので16cm鉢に植え替えました。
用土は鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭を少々 マグァンプkを5g/㍑)と水はけの良い用土です。

今年の花は無理だと思いますが、蔓はどれくらい伸びてくれるか楽しみにしています。


続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.164 / [クレマチス](ビオ)ピッチェリ / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 カシスの鉢上げ苗  -  2007.03.20.Tue / 08:42 
昨秋、挿し木鉢上げしたカシスを室内(暖房なし)で冬越ししたのですが、想像以上に蔓が伸びました。
ベル・オブ・ウォッキングはせいぜい20cm伸びただけですから、カシスはすごい伸びです。

室内では管理できない大きさになりましたので、16cm鉢(内径)に植え替えました。
用土は鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭を少々 マグァンプkを5g/㍑)水はけの良い用土です。

根量がまだ少ないので、今年は少しだけ咲かせる予定です。
P1010388.jpg

No.165 / [クレマチス](フロ)カシス(枯れ没) / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 サー・トレボー・ローレンスの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.18.Sun / 10:53 
玄関横の庭通路に玄関に近い方から、
テキセンシス系(新枝咲き)のサー・トレボー・ローレンス(深紅)とジャックマニー系(新旧両枝咲き)のハーグレイ・ハイブリッドを植えて、
ネットを軒下天井から斜め下の地面に張ってそれに這わせ、クレマすだれを作ります。夏の日よけと居間の目隠しをします。
クレマすだれは斜めに取り付けるので、トンネル風になってすだれ下を歩きます。
こんなことを夢見て植えてみました。

0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、バーク堆肥と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。(牛糞がなくなったため)
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.直径20cm、深さ25cmの穴を掘って底にパーライトを少し入れました。粒が大きいでしょう。
(粒のことはhttp://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-150.html
植え方の詳しくは「ドクターラッペルの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-157.html
ただし用土は鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 マグァンプkを5g/㍑)です。(クン炭を入れ忘れた。)
テキセンシス系は細根なので、水はけ重視の用土にしました。
下に見えているレンガがトンネル下の歩く場所です。

補足:
庭植えに使った用土で
プリンセス・ダイアナと踊場は
赤玉土→超硬質赤玉土小粒
鹿沼土→超硬質鹿沼土(粒は大小混在)
パーライト→ビーナスライト20号
アーマンディ アップルブロッサムなどは
赤玉土→硬質赤玉土小粒
鹿沼土→超硬質鹿沼土(粒は大小混在)
パーライト→ビーナスライト20号



2.底に用土を10cm入れて(新芽の高さが丁度いいくらいに)、苗を置きました。
P1010374.jpg

3.新芽のアップです。写真では3つですが、もう一つ出ています。
新枝咲きなので地中から新芽が出てきます。
そして細根がいっぱいです。細枝の典型です。
P1010373.jpg

4.用土を苗周りの隙間と苗の上に入れました。
これで苗は鉢用土と同じものですっかり包まれたので、苗は鉢に植えられていると錯覚するはずです。庭土まで根を伸ばす2年間は大丈夫です。
左の細い枝は旧枝です。旧枝節から芽が出ることもあるとのアドバイスで2節残して、昨年秋に切りましたが、現在は節から芽は出ません。
P1010375.jpg

5.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
写真右上の丸い鉄棒にネットをくくる予定です。
ネットは緑色で巾180cm、高さ270cmです。
P1010383.jpg


この植え場所は屋根雪が落ちてくる場所です。
なので晩秋には蔓を少し残して切ってしまう予定です。
ネットもはずします。
よって強剪定と任意剪定の品種を選びました。

「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
 ハーグレイ・ハイブリッドの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.18.Sun / 10:51 
ジャックマニー系(新旧両枝咲き)のジプシークイーンとハーグレイ・ハイブリッド、それと、テキセンシス系(新枝咲き)のサー・トレボー・ローレンスを玄関横の庭通路に植えて、
クレマすだれを作り、夏の日よけ(居間の)をします。
すだれ(ネット)は斜めに取り付けるので、クレマトンネル風になります。
詳しくは「サー・トレボー・ローレンスの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。

1.穴を掘って底にパーライトを少し入れました。粒が大きいでしょう。
(粒のことはhttp://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-150.html
植え方の詳しくは「ドクターラッペルの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-157.html
ただし用土は鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 マグァンプkを5g/㍑)です。(クン炭を入れ忘れた。)
P1010354.jpg

2.苗の地際から4cmのところに節があって小さい新芽が2つ付いているので、それも用土に埋めることにしました。
立ち枯れ病が起こったときの対策です。
埋めた節から新芽が出ることを期待しています。
P1010359.jpg

3.用土を入れて節も隠れました。
見えている新芽はもうひとつ上の芽です。
P1010361.jpg

4.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
P1010382.jpg

5.ハーグレイ・ハイブリッドの花芽です。
P1010380.jpg

「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
 ジプシークイーンの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.18.Sun / 10:48 
ジャックマニー系(新旧両枝咲き)のジプシークイーンとハーグレイ・ハイブリッド、それと、テキセンシス系(新枝咲き)のサー・トレボー・ローレンスを玄関横の庭通路に植えて、
クレマすだれを作り、夏の日よけ(居間の)をします。
すだれ(ネット)は斜めに取り付けるので、クレマトンネル風になります。
詳しくは「サー・トレボー・ローレンスの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。

1.穴を掘って底に用土を10cmほど入れ、苗を置いて用土を上から入れたところの途中です。
植え方の詳しくは「ドクターラッペルの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-157.html


2.更に用土を入れて、バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
P1010384.jpg

3.ジプシークイーンの花芽です。
P1010381.jpg

「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
No.161 / [クレマチス](ジャ)ジプシークイーン / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ミセス・N・トンプソンの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.17.Sat / 19:47 
この場所は食事しながら見える場所で南西側です。
なのでパテンス系をとりあえずひとつだけ植えました。
ドクターラッペルなどのパテンス系は東南側です。(食堂出窓から見えます。)

0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
1.鉢から抜いた苗です。
根は底の方でかなりのトグロ状(根の旋回現象=ルーピング)になっています。
(2005/12に298円で買った苗ですが、1年3ヶ月でかなりの根量です。昨年は「芯止まり」現象を起こして、花を咲かなかったのが返ってよかったのかも知れません。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-43.html


2.直径20cm、深さ25cmの穴を掘った後で、
粒状培養混合土(ゴールデン粒状培養土花野菜用:鹿沼土:パーライト=7:2:1 ガーデニングエードボールを5g/㍑)を底に10cm入れて、その上に苗を置きました。
P1010242.jpg

3.苗の周囲に5cmの隙間が空くので、粒状培養混合土を入れ、
苗の上にも2cmほど被せました。
この後、バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)

ゴールデン粒状培養土花野菜用は他のクレマでも調子が良かったので、今回も使いました。
この用土には肥料が既に入っているので、エードボールは少なめにしました。(標準は8g/㍑)
P1010243.jpg

 小雪の庭植え(とり木、つる伏せ風)   -  2007.03.15.Thu / 20:08 
今回は地際から2本の蔓が伸びているので、その内の1本を地中に埋めてとり木風にしました。
蔓を地中に3~5cmの深さに埋めておくと、2~3ヶ月で、蔓(節付近?)から発根します。
本来はこの方法で株分けして株数を増やすのが目的ですが、私の目的は株大きくして花数を増やすのが目的です。
取り木はNHK本のp78、人気のクレマでは「つる伏せ」となってp120に書いてありました。
でも埋めてしまってから疑問が出てきました。。。。。

まずはいつものように、
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.直径20cm、深さ25cmの穴を掘りました。
底にパーライトと鹿沼土を少し入れました。


2.植える苗です。
横になっていますが、地際から2本の蔓が出ているのがわかるでしょうか?
P1010300.jpg

3.底に用土を入れて、苗を置き、周りの隙間に途中まで用土を入れて、上5cmほどを残し、地中に埋める蔓を用土の上に這わせました。
下の半円状の蔓がそれで、節が4個ほどあります。
質問は、
1.地際の節からは1cmほどの新芽で出ています。
こんなに新芽が出ているのを埋めても大丈夫でしょうか?
2.蔓の先端まで全部を地中に埋めました。
本によると、先端は地中から出すみたいです。
先端まで地中に埋めてしまっても発根してくれるでしょうか?
ダメなら上の用土をとってやり直します。
P1010303.jpg

なお使った用土は
粒状培養混合土(ゴールデン粒状培養土花野菜用:鹿沼土:パーライト=7:2:1 ガーデニングエードボールを5g/㍑)です。

3.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
P1010304.jpg

4.小雪の花芽です。
「つる下げ」をして下に巻いてあった蔓を、ほどいて巻きなおしたので、花芽の向きが上向き、下向き、横向きとバラバラになってしまいました。
P1010305.jpg

「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
テーマ:バラが好き。。。 - ジャンル:趣味・実用
No.158 / [クレマチス](パテ)小雪 / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 リトルマーメイドの庭植え(とり木、つる伏せ風)  -  2007.03.15.Thu / 20:04 
1.植える苗です。
横になっていますが、地際から2本の蔓が出ているのがわかるでしょうか?
今回は地際から2本の蔓が伸びているので、その内の1本を地中に埋めてとり木風にしました。
蔓を地中に3~5cmの深さに埋めておくと、2~3ヶ月で、蔓(節付近?)から発根します。
本来はこの方法で株分けして株数を増やすのが目的ですが、私の目的は株大きくして花数を増やすのが目的です。
取り木はNHK本のp78、人気のクレマでは「つる伏せ」となってp120に書いてありました。
P1010307.jpg

2.植え終わった後です。
蔓は1本だけ見えますが、もう1本は用土の下です。
埋めた蔓には節が5つほどあって、すでに新芽が出ています。
新芽の大きさは同じくとり木風にした「小雪」より大きいです。
ちゃんと根が出てくれるでしょうか?
用土は鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 マグァンプkを5g/㍑)です。

詳しくは「小雪の庭植え(とり木、つる伏せ風) 」をご覧ください。


3.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
写真左下の緑の葉は「ラナンキュラス・ゴールドコイン」です。
ランナーを伸ばして、四方八方にどんどん増えてゆきます。
浅根です。伸びすぎたランナーは切るつもりです。
P1010315.jpg

4.リトルマーメイドの花芽です。
夕日に映えています。(朝から夕方まで陽があたります。)
日陰作りに下草を植えなくちゃ。
正面が東南です。
P1010314.jpg

続きも見てね▽Open more.
テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用
 ドクターラッペルの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.13.Tue / 22:02 
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.左に見える枝は黄色のツルバラです。
直径20cm、深さ25cmの穴を掘りました。
穴の中の白い根はバラの根です。穴はバラと共存です。
正面が東南です。
真後ろには夕方まで陽があたります。後ろにも下草が必要です。


2.粒状培養混合土(ゴールデン粒状培養土花野菜用:鹿沼土:パーライト=7:2:1 ガーデニングエードボールを5g/㍑)を底に10cm入れて、その上に苗を置きました。
苗の周囲に5cmの隙間が空くので、粒状培養混合土を入れた途中です。
ゴールデン粒状培養土花野菜用は他のクレマでも調子が良かったので、今回も使いました。
この用土には肥料が既に入っているので、エードボールは少なめにしました。(標準は8g/㍑)
P1010292.jpg

3.粒状培養混合土を入れ終わった後、バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
左上はツルバラの幹です。
バラは黒点病でしたが、昨年夏地際から50cmに切り、地面に穴を掘ってオーソサイド液を3回ほど入れました。
それで治ったらしく、現在まで黒点病になっていませんが、再発が心配です。
それがクレマに移るのは、なお心配です。
P1010294.jpg

4.ドクターラッペルの花芽です。
「つる下げ」をして下に巻いてあった蔓を、ほどいて巻きなおしたので、花芽の向きが上向き、下向き、横向きとバラバラになってしまいました。
すべてを上向きに巻きなおすことはできません。
暫くすれば、上を向いてくれるでしょうか?
参考:「つる下げ」記事は
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-141.html

P1010295.jpg

続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.157 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 紫辰殿の庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.13.Tue / 19:59 
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.直径20cm、深さ25cmの穴を掘った後、
粒状培養混合土(ゴールデン粒状培養土花野菜用:鹿沼土:パーライト=7:2:1 ガーデニングエードボールを5g/㍑)を底に10cm入れて、その上に苗を置きました。
苗の周囲に5cmの隙間が空くので、粒状培養混合土を入れた途中です。
ゴールデン粒状培養土花野菜用は他のクレマでも調子が良かったので、今回も使いました。
この用土には肥料が既に入っているので、エードボールは少なめにしました。(標準は8g/㍑)


2.粒状培養混合土を入れ終わった後、バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
P1010284.jpg

3.大きな花芽です。多分1番のりで咲くでしょう。
蔓を留めている青いバンドは柔らかいものです。(100均、色は数種類あり)
この方が蔓を傷めません。
P1010285-1.jpg

続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ2cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用
No.156 / [クレマチス](パ重)紫辰殿 / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 スノーフレークの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.12.Mon / 10:37 
モンタナ系なので、「冷涼な夏」を好み、北側に植えるのが良いらしいですが、我が家の北側は人が見ません。
それで。....

0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.直径22cm、深さ25cmの穴を掘りました。


2.鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 マグァンプkを5g/㍑)を底に10cm入れて、その上に苗を置きました。
苗の周囲に5cmの隙間が空くので、そこには鹿沼土混合土を入れます。
P1010260.jpg

3.株の周囲を棒で突くと5cm下がるので鹿沼土混合土を補充します。
鹿沼土混合土を入れ終わりました。
P1010263.jpg

4.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
植えた場所は西北西の角で、隣りのマンションの電柱が西日を少し遮ってくれます。
夏の暑さに弱い品種なので、暑さ対策をどうするかです。
下草をしっかり植えるつもりです。
そして夏には写真の左側に西洋アサガオの葉っぱが覆い茂っているはずです。
P1010266.jpg


「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.154 / [クレマチス](モン)スノーフレーク / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 アーマンディ アップルブロッサムの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.12.Mon / 10:34 
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。

1.直径20cm、深さ25cmの穴を掘った後で、
底にパーライトを2cmほど敷いて、
鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 マグァンプkを5g/㍑)を底に5cm入れて、その上に苗を置きました。
節芽がすぐ上にあるので、この芽も埋めてしまう作戦です。
苗の周囲に4cmの隙間が空くので、そこには鹿沼土混合土を入れます。
周囲を棒で突くと5cm下がるので用土を補充します。


2.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
葉は常緑系なので、冬でも緑色です。
P1010274.jpg

3.植えた場所は南西の玄関前に近いところです。
左側のラティスで朝日を遮り、正面のラティスで西日を遮ります。
右の細い枝はモッコウバラ(黄色八重)です。
正面の細枝は山アジサイです。
これらで西日対策です。
大きい構想は左にある玄関前階段を横切るくらいの蔓を伸ばして、アーチを作ることです。
アドバイスお願いします。
P1010276.jpg

「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
 プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.09.Fri / 09:57 
プリンセス・ダイアナと踊場を並べて(60cm間隔)で植えました。
庭の角地で3方向の道路から良く見える特等席です。
15鉢ほどあって植え場所に悩んでいますが、この2つは早くに決まっていました。

苗の周囲は鉢植えの用土と同じもので囲ったので、「鉢増し風」としました。
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
1.鉢植えでの様子。新芽が3つ出ました。
昨年はチビ苗で花は見れませんでしたので、今年は期待しています。


2.鉢からなかなか抜けないので、鉢の内側に幅の細いノコギリを入れて、ノコギリの背中で鉢と用土を分離するように擦りました。
鉢を逆さまにすると、上にあった用土はボロボロ落ちて根っこが丸見えになりました。
P1010246.jpg

3.直径20cm、深さ25cmの穴を掘り、鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 ガーデニングエードボールを8g/㍑)を底に3cm入れて、その上に苗を置きました。
苗の周囲に4cmの隙間が空くので、そこには鹿沼土混合土を入れました。
ちょうど鹿沼土混合土で苗を包んだ状態です。だから「鉢増し風」です。
鹿沼土混合土は水はけ重視の割合にしました。(鹿沼土は必須と思い込んでいるので鹿沼土混合土と命名しました。)
(これまでの軽石の代わりにパーライト大粒を入れてコガネ対策をしました。)

この後でバークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
今日は久しぶりの雪で、その下になっています。
P1010247.jpg
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
 踊場の庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.09.Fri / 09:55 
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
1.鉢から抜いた状態。新芽が2つ出ています。


2.底には太根がいっぱいです。
ビオルナ系の踊場は細根ではなく、太根の部類なのかな。
P1010249.jpg

3.直径20cm、深さ25cmの穴を掘り、鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 クン炭も少々 ガーデニングエードボールを8g/㍑)を底に3cm入れて、その上に苗を置いて、苗の周囲に鹿沼土混合土を入れました。
鹿沼土混合土は水はけ重視の割合にしました。(鹿沼土は必須と思い込んでいるので鹿沼土混合土と命名しました。)
(これまでの軽石の代わりにパーライト大粒を入れてコガネ対策をしました。)
旧蔓にも小さい脇芽があるので、それも地中に入るように深く植えました。
この後バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
今日は久しぶりの雪で、その下になっています。
P1010250.jpg

テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.153 / [クレマチス](ビオ)踊場   / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 コースタルの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.05.Mon / 22:14 
「ブルージェムの庭植え(鉢増し風)」と違う個所のみ記載します。
詳細はそちらを見てください。

今回植えた3本はいづれもラビットアイ系でブルージェムとウッダードが早生、コースタルが中生です。開花時期が近いものをまとめました。
前回庭植えしたティフブルーなど3本は晩生と中生でした。

1.縦50cm、横50cmで深さ22cmの穴を掘った後、
事前に準備してあるピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を穴に入れ、更にパーライトを穴に入れる。
この後、下の庭土とよく混ぜる。
庭土と混ぜる深さは表面から40cmになるように勘でスコップを入れる。


2.直径30cm、深さ30cmの苗用穴を掘り、2枚のダンボールで囲む。
(掘った庭土用土はバケツに入れて予備としておく。)
P1010197.jpg

3.植える苗の全体写真
2005/12に980円でHCで買ったもの。
枝ぶりは盆栽風でかっこいいが、昨年中は新たなシュートが出なかった。
P1010199.jpg

4.株の根張り具合は1年と2ヶ月にしては上出来。
用土はピートモス:鹿沼土を1:1で混ぜたもの。
ネット袋に入れた鉢底石をしっかり抱えている。
P1010201.jpg

5.鉢底石を取り除くと、細根がいっぱい出ている。
P1010202.jpg

6.水道水を「ストレート」にして、用土を深さ1cmほど落とした状態。(外周のすべて)
根が浮き出てくる。(keiさんのまね。)
根を切るよりいいかもしれない。
P1010205.jpg

7.苗の方向性を決めて苗をダンボールの中に置き、苗周囲に混合用土を入れる。
周囲を棒で突っつくと用土が5cm下がるので、更に用土を入れる。
(最初のブルージェムとウッダードでは棒で突っつかなかった。)
隣りのバケツに入っているのは庭土用土。(庭土とピートモスなどの混合土)
この後で、ダンボール周囲に庭土用土を入れる。
P1010206.jpg

8.ダンボール外周に庭土用土を入れた後。
この後ダンボール2枚を抜いて、バークチップを7cm被せて、完成。
更にこの後、剪定と花芽かきもした。
P1010208.jpg


参考:樹高 75cm  0702現在
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.151 / [ブルーベリー]R/E-コースタル / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ウッダードの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.05.Mon / 22:09 
「ブルージェムの庭植え(鉢増し風)」と違う個所のみ記載します。
詳細はそちらを見てください。

1.縦50cm、横50cmで深さ22cmの穴を掘る。
フラッシュたいているので、赤土が白っぽいです。


2.事前に準備してあるピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を穴に入れ、更にパーライトを穴に入れる。
P1010184.jpg

3.パーライトの粒の大きさを10円玉と500円玉と比較。
カタログ上は4~25mmだが実際は7~10mmが多い。
パーライトは芙蓉パーライト株式会社のビーナスライト20号。50㍑入り。(植木屋さんから入手したもの。㍑当たりの値段はHCよりかなり安い。)
粒が大きいので水はけは良さそう。
コガネが大きさに驚いて入って来ないといいのですが。
P1010185.jpg

4.下の庭土とよく混ぜた後。
庭土と混ぜる深さは表面から40cmになるように勘でスコップを入れる。
ピートモス、パーライトとよく混ざって、ポッタンポッタンしていて、パン生地のような庭土になった。
P1010187.jpg

5.直径30cm、深さ30cmの苗用穴を掘り、2枚のダンボールで囲む。
(掘った庭土用土はバケツに入れて予備としておく。)
P1010188.jpg

6.植える苗の全体写真
2005/09に売れ残りを200円でHCで買ったもの。
衝動買いでしたがここからブルーベリー栽培生活が始まりました。
太いシュートも出て、よく伸びたものだ。(剪定前。植付け後に剪定した。)
P1010189.jpg

7.株の根張り具合は1年半にしては上出来。
最初なので何もわからず、ピートモス:鹿沼土を1:1で混ぜた用土でした。
根に見とれて根切りを忘れた。根切りせずに植えた。
P1010190.jpg

8.根張りのアップ。
P1010192.jpg

9.苗の方向性を決めて苗をダンボールの中に置き、苗周囲に混合用土を入れる。
ダンボール周囲には庭土用土を入れる。(5項で予備としてバケツに入れておいた庭土用土をダンボール周囲に入れる。)
ダンボールを抜いて、バークチップを7cm被せて、完成。
P1010195.jpg


参考:樹高 70cm  0702現在
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.150 / [ブルーベリー]R/E-ウッダード / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルージェムの庭植え(鉢増し風)  -  2007.03.05.Mon / 18:48 
前回と同様、鉢増し風で植えました。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-120.html
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-118.html

1.前準備として
深さ50cmくらいに掘り返し、基礎肥料としてバーク堆肥と籾殻を入れて1週間以上放置しました。
詳しくは「ブルーベリーとクレマチスの植え場所完成」
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-146.html
そして、ピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を60㍑作っておく。
混合比率は61:26:13(7:3:1.5)です。

2.縦50cm、横50cmで深さ22cmの穴を掘る。
深さ22cmの体積は3項で庭土に混ぜるピートモス、鹿沼土、パーライトの体積および直径30cm、深さ30cmの苗用穴の体積の合計に相当する。
P1010172.jpg

3.事前に準備してあるピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を穴に入れ、更にパーライトを穴に入れる。(入れる量は「続き」に書いてある。ピートモス混合率は約25%になる。)
更にパーライトを追加する目的は庭土内のパーライト率を約20%にするため。
そして下の庭土とよく混ぜる。
庭土と混ぜる深さは表面から40cmになるように勘でスコップを入れる。
写真の混合用土やパーライトの量は加える量の約2/3なので、庭土と混ぜた後で、更に1/3を加えて庭土と再度混ぜる。
P1010173.jpg

4.直径30cm、深さ30cmの苗用穴を掘り、2枚のダンボールで囲む。
底に鹿沼土を3cm入れ、その上にピートモス、鹿沼土、パーライトの混合用土を入れる。(ピートモス混合率は約60%)
なおこの苗周りに使う混合用土にはマグァンプKを加えてある。
P1010176.jpg

5.植える苗の全体写真
2005/11に298円でHCで買ったもの。
太いシュートも出て、よく伸びたものだ。(剪定前。植付け後に剪定した。)
P1010174.jpg

6.株の根張り具合は1年ちょっとにしてはまあまあ良い。
縦方向にノコギリを2cmほど入れて、4ヶ所を根切りした。
P1010175.jpg

7.苗の方向性を決めて苗をダンボールの中に置き、周囲に混合用土を入れる。
この後ダンボールを土から抜くのだが、ダンボールの高さが高すぎて下の小枝を傷めそうになった。
それで2本目を植えるときは、ダンボールを35cmの高さに切った。
P1010178.jpg

8.ダンボールを抜いて完成。この後バークチップを5cm被せた。
P1010179.jpg

9.作業に使ったバケツなど。
手前のブルーのバケツは100均の8㍑バケツ。ほぼ円柱なので、バケツの内側に1㍑きざみの線をマジックで書いてある。
用土の量を計るのに便利。
P1010180.jpg


参考:樹高 65cm  0702現在
続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.149 / [ブルーベリー]R/E-ブルージェム / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。