[クレマチス](テキ)サー・トレボー・ローレンス の記事一覧 
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 サー・トレボー・ローレンスの記録  -  2011.07.08.Fri / 21:53 
開花記録のためです。

6月13日撮影
サー・トレボー・ローレンス
玄関に向かって右側です。
上の黒いのは雨どいです。
クリックすると踊場が見えますが、ここに踊場を2株地植えしてあります。
P1060270.jpg

サー・トレボー・ローレンスの左側は篭口です。
P1060271.jpg

サー・トレボー・ローレンスの右側はMシリーズピンクです。
いづれも地植えです。
P1060282.jpg

この3つの花は今も咲いています。
スポンサーサイト
 サー・トレボー・ローレンスと踊場  -  2010.07.02.Fri / 15:22 

2010年6月28日撮影
玄関前の地植え達が咲きそろってきました。

サー・トレボー・ローレンス
外側が薄いピンクです。(プリンセス・ダイアナは外側も濃いピンクです。)
P1050664.jpg

サー・トレボー・ローレンス、篭口(右下の青色)、踊場(右上のピンク)
P1050665.jpg

下向きに垂らしたサー・トレボー・ローレンス
P1050715.jpg

P1050716.jpg

踊場とジプシークイーン(右側の大輪)
P1050661.jpg

踊場とジプシークイーン(クリック拡大お願いします。)
P1050663.jpg

ジプシークイーン
P1050662.jpg

 サー・トレボー・ローレンスの二番花  -  2009.08.20.Thu / 23:36 
サー・トレボー・ローレンスの二番花です。
今度はうどん粉もなく綺麗です。

P1040623.jpg
 サー・トレボー・ローレンスの開花  -  2009.06.14.Sun / 21:23 
アーチ下の庭植えサー・トレボー・ローレンスが開花しています。

P1040412.jpg

P1040413.jpg

サー・トレボー・ローレンスと踊場とジプシークイーンです。
サー・トレボー・ローレンスの花びらが7枚と多いです。
普通は4枚ですが、5~7枚の花も少し混じるのが不思議です。
P1040416.jpg

サー・トレボー・ローレンスのうどんこ病は毎年のことですが、それが他の花にも移ってしまいました。
症状が出る前から、定期的にサプロールを散布しておくと、発病しないですかね。
 サー・トレボー・ローレンスがいっぱい  -  2008.09.03.Wed / 21:18 
7月20日に120cm高さに全ての蔓を剪定して、伸びてきた蔓に二番花が咲きました。
次々と咲いてきて、満開でしょうか。
蕾もいっぱいあります。

P1030574.jpg

P1030575.jpg

P1030576.jpg

お気づきの方もおられるでしょうが、花の外側が白いのです。
昨年はピンクというのはありましたが、ここまで白いのは初めてです。
「面白」の逆リバーシブルっていう感じなのが、気に入っています。

日数が経過しても白いままで、赤くはならないですね。

P1030577.jpg

この花は庭植えですが、昨年は主軸が1本でした。
晩秋に地際80cmで切っておきました。
この春に地際からは1本も新芽が出ませんでした。
残した主軸から5本の蔓が伸びて、割り箸の細い方の太さになっています。

一番花はアーチの頂上まで伸びて、たくさん咲いてくれましたが、この5本から咲いたものです。
この二番花も元を辿れば、この5本から咲いています。

来春は地際から新芽が何本か出てくれることを期待しています。
 サー・トレボー・ローレンスのアーチ終盤  -  2008.07.03.Thu / 21:10 
アーチに絡ませた株の花がらが目立つようになってきました。
先端部でまだ花を咲かせているので、剪定をためらっています。
早く剪定して2番花を咲かせねば。

昨年は8月1日が満開でしたから、今年はとても早かったです。
P1030418.jpg

保険株の鉢植えは今が見頃を迎えました。
P1030421.jpg

2007年梅雨時に挿し木したものですが、立派に伸びてくれました。
兄弟達はどうなっているかな。
春先に新芽の出ない挿し木苗もかなりありました。
P1030422.jpg


 サー・トレボー・ローレンスの開花  -  2008.06.11.Wed / 22:13 
2008年6月10日撮影
我が家の玄関前から。
朝起きると、食事前に玄関に出て、ここからの眺めを確認?します。
P1030343.jpg

クレマトンネルの下から。
P1030333.jpg


2008年6月7日撮影
フラワーアーチの頂上で咲いてくれて、ひとつの夢がかないました。
P1030307.jpg


2008年6月10日撮影
写真上の黒いのは雨どいです。
下から見上げて写しています。
P1030339.jpg
続きも見てね▽Open more.
プリンセス・ダイアナとサー・トレボー・ローレンスの比較をしました。
右がプリンセス・ダイアナです。
これらがたくさん咲いている時の全体印象は赤いです。
紅桃色と書いてあります。外周がやや薄いピンクです。

左のサー・トレボー・ローレンスは濃赤紫色と書いてあります。
紫が入っているのが印象的です。

070722撮影
P1020127.jpg

右下がプリンセス・ダイアナです。
横から見るとしっかりとした濃いピンクです。

上がサー・トレボー・ローレンスです。
横は薄いピンクで、白く感じます。
P1020125.jpg

花瓶にいけたサー・トレボー・ローレンスです。
プリンセス・ダイアナは混じっていません。(笑)
P1020122.jpg


なお我が家の開花開始は
プリンセス・ダイアナが07/05/27
サー・トレボー・ローレンスが07/07/03
です。サー・トレボー・ローレンスが約1ヶ月遅いです。
時期がずれてくれる方が長期間楽しめていいです。

さて貴方はどちらがお好みですか?

プリンセス・ダイアナのカテゴリーはこちら。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-55.html
サー・トレボー・ローレンスのカテゴリーはこちら。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-56.html
 サー・トレボー・ローレンスが満開  -  2007.08.01.Wed / 14:59 
サー・トレボー・ローレンスが夏本番を迎えて、満開です。
クレマトンネルの上にも、かなりの数の花が咲いています。
夏すだれとして、来年こそ完璧に役立ちそうです。

070801撮影
P1020142.jpg

070722撮影
P1020119.jpg

070722撮影
P1020121.jpg

0700719撮影
P1020116.jpg


挿し木もしました。
花付き、蕾付きの蔓を花瓶に挿しましたが、日持ちが良いし、蕾は花が開いてくれました。
和風っぽくていいですね。
 サー・トレボー・ローレンスが初開花  -  2007.07.12.Thu / 15:01 
2007年3月に庭植えした株の花が咲き始めました。
同じ系統のプリンセスダイアナの開花が5月27日でしたから、約1ヶ月遅れなので、ヤキモキしました。
夏本番に咲く品種かも知れないです。
ダイアナはまだ40個ほど蕾がありますし、脇芽から20cmの新蔓も出ています。
070703撮影
P1020043.jpg

070705撮影
濃赤紫色です。外側は薄いピンクのままです。
ダイアナは紅桃色です。外側まで赤くなります。
P1020056.jpg

070711撮影
たくさんの蕾を付けています。
クレマトンネルとして作ったネットの上の方まで伸びてきました。
もう少しで、「頭上」に花が見れます。
P1020080.jpg


追記:
最近のダイアナの様子を下記に追加しておきました。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-263.html
 サー・トレボー・ローレンスの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.18.Sun / 10:53 
玄関横の庭通路に玄関に近い方から、
テキセンシス系(新枝咲き)のサー・トレボー・ローレンス(深紅)とジャックマニー系(新旧両枝咲き)のハーグレイ・ハイブリッドを植えて、
ネットを軒下天井から斜め下の地面に張ってそれに這わせ、クレマすだれを作ります。夏の日よけと居間の目隠しをします。
クレマすだれは斜めに取り付けるので、トンネル風になってすだれ下を歩きます。
こんなことを夢見て植えてみました。

0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、バーク堆肥と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。(牛糞がなくなったため)
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.直径20cm、深さ25cmの穴を掘って底にパーライトを少し入れました。粒が大きいでしょう。
(粒のことはhttp://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-150.html
植え方の詳しくは「ドクターラッペルの庭植え(鉢増し風)」を参照ください。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-157.html
ただし用土は鹿沼土混合土(赤玉土:鹿沼土:パーライト=5:3:2 マグァンプkを5g/㍑)です。(クン炭を入れ忘れた。)
テキセンシス系は細根なので、水はけ重視の用土にしました。
下に見えているレンガがトンネル下の歩く場所です。

補足:
庭植えに使った用土で
プリンセス・ダイアナと踊場は
赤玉土→超硬質赤玉土小粒
鹿沼土→超硬質鹿沼土(粒は大小混在)
パーライト→ビーナスライト20号
アーマンディ アップルブロッサムなどは
赤玉土→硬質赤玉土小粒
鹿沼土→超硬質鹿沼土(粒は大小混在)
パーライト→ビーナスライト20号



2.底に用土を10cm入れて(新芽の高さが丁度いいくらいに)、苗を置きました。
P1010374.jpg

3.新芽のアップです。写真では3つですが、もう一つ出ています。
新枝咲きなので地中から新芽が出てきます。
そして細根がいっぱいです。細枝の典型です。
P1010373.jpg

4.用土を苗周りの隙間と苗の上に入れました。
これで苗は鉢用土と同じものですっかり包まれたので、苗は鉢に植えられていると錯覚するはずです。庭土まで根を伸ばす2年間は大丈夫です。
左の細い枝は旧枝です。旧枝節から芽が出ることもあるとのアドバイスで2節残して、昨年秋に切りましたが、現在は節から芽は出ません。
P1010375.jpg

5.バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
写真右上の丸い鉄棒にネットをくくる予定です。
ネットは緑色で巾180cm、高さ270cmです。
P1010383.jpg


この植え場所は屋根雪が落ちてくる場所です。
なので晩秋には蔓を少し残して切ってしまう予定です。
ネットもはずします。
よって強剪定と任意剪定の品種を選びました。

「続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。