[クレマチス](パテ)ミセス・N・トンプソン の記事一覧 
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ミセス・N・トンプソン:クレマチス  -  2014.05.16.Fri / 21:11 
2014年5月6日撮影

庭のミセス・N・トンプソン(パテンス系)。
多花性でまだまだ咲いてくれます。
CIMG1413.jpg
スポンサーサイト
 ミセス・N・トンプソンの開花  -  2013.05.11.Sat / 14:14 
庭のパテンス系ミセス・N・トンプソンが開花しています。

露出補正値-2.0にして原色に似た色で写したつもりです。
(クリックで拡大)
CIMG0200.jpg

シベは最高です。
クリックで拡大の写真大きさをこれまでの800サイズから1280サイズにアップしました。
花びらの青がシベの先端に反射しています。
CIMG0203.jpg

多花性なので蔓はどんどん伸びてまだまだ咲いてくれます。
 ミセス・N・トンプソンンの二番花  -  2009.09.18.Fri / 20:37 
パテンス系ミセス・N・トンプソンンの二番花が咲いています。
春ほどは豪華でなく、色が薄めですが、秋らしく咲いています。

P1040651.jpg

春の花は下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-43.html
 ミセス・N・トンプソンの開花  -  2009.05.11.Mon / 20:47 
パテンス系ミセス・N・トンプソンが開花しました。

ドクターラッペルのピンク部分と赤い部分を1段と濃い色にした感じの花です。
こちらの方が好きと言われる方もいます。

P1040241.jpg

P1040245.jpg

庭側から。
P1040244.jpg

続きも見てね▽Open more.
 ミセス・N・トンプソンの開花  -  2008.05.10.Sat / 15:16 
モンタナ系に次いで、最初に咲いたのが庭植えのミセス・N・トンプソンです。
2008年5月5日撮影
P1030027.jpg

今年はシベも写せて良かったです。
近所のご主人はドクターラッペルよりもこの色を大層お気に入りでした。
何度も何度も良い色だと誉めて頂きました。
人の好みは色々だなぁと実感した次第です。
P1030030.jpg
 ミセス・N・トンプソンの開花  -  2007.05.09.Wed / 13:28 
つる下げの記事で紹介した花が咲きました。


おまけ:
隣りに植えてある「マーガレット」
大きい株になって直径70cmあります。
P1010618.jpg

 ミセス・N・トンプソンの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.17.Sat / 19:47 
この場所は食事しながら見える場所で南西側です。
なのでパテンス系をとりあえずひとつだけ植えました。
ドクターラッペルなどのパテンス系は東南側です。(食堂出窓から見えます。)

0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
1.鉢から抜いた苗です。
根は底の方でかなりのトグロ状(根の旋回現象=ルーピング)になっています。
(2005/12に298円で買った苗ですが、1年3ヶ月でかなりの根量です。昨年は「芯止まり」現象を起こして、花を咲かなかったのが返ってよかったのかも知れません。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-43.html


2.直径20cm、深さ25cmの穴を掘った後で、
粒状培養混合土(ゴールデン粒状培養土花野菜用:鹿沼土:パーライト=7:2:1 ガーデニングエードボールを5g/㍑)を底に10cm入れて、その上に苗を置きました。
P1010242.jpg

3.苗の周囲に5cmの隙間が空くので、粒状培養混合土を入れ、
苗の上にも2cmほど被せました。
この後、バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)

ゴールデン粒状培養土花野菜用は他のクレマでも調子が良かったので、今回も使いました。
この用土には肥料が既に入っているので、エードボールは少なめにしました。(標準は8g/㍑)
P1010243.jpg

 ミセス・N・トンプソンの「つる下げ」  -  2007.01.24.Wed / 21:18 
NHK12ヶ月本によると2月頃に「つる下げ」をするとのことですが、
及○さんのブログでは12月17日記事で実施していました。
それで初めて「つる下げ」をしてみました。

弱剪定品種のツルを上に伸ばしたまま春を迎えると先端のほうの芽だけが動き出し、花は先端の方だけに咲きます。
「つる下げ」は、上の方のツルを下に下げて、下の方で水平にツルを巻くことによって、どの芽も自分が一番上の方にある芽だと勘違いをさせるダマシのテクニックらしいです。(「頂芽優性」というらしい。)
騙されたツルは動きが活発になり、花芽を形成するらしいです。

方法は
1.大きい芽が付いて節を見つけて、それより先端のツルを切ります。
2.枯れ葉や枯れ葉の軸を鋏で切ります。(枯れ葉の軸は2cm以下に切った方が後の作業がしやすいです。)
3.支柱に絡みついた枯れ葉の軸も切って支柱から切り離し、ブラブラ状態にします。
4.ツルを折らないように下に下げ、何本かのツルをまとめて水平になるように支柱にバンドで留めます。(折れそうなツルは無理に下に下げません。写真中央のツルは太くて折れそうなので下げませんでした。芽を一定の高さに揃えるという原則と違うので、効果のほどは期待半分。)
5.芽が伸びだすまでに実施します。例年なら3月中旬までですが今年は暖冬なのでそれでは遅すぎる気がします。
庭植え予定品種は庭に植えてから「つる下げ」するつもりです。

P1010154.jpg

上の写真のツル5本を束ねています。(ツル2本が2.5周っていう感じ)
私はクレマを始めたばかりなので5周で済みましたが、長年やっておられる方や、庭植えの方はツルが3~4mにも伸びているでしょうから、それをまともに「つる下げ」したら大変ですね。
どうしておれるのでしょうか?
私なら多分2mくらいまでに切ってから「つる下げ」するか、
1株でもツルが何本もあるでしょうから、1本は50cmまで下げる、もう1本は1mまで下げるとかするのでしょうか?

続きも見てね▽Open more.
 「芯止まり」で剪定後 その1  -  2006.08.04.Fri / 17:30 
7月23日に『クレマチスの「芯止まり」現象』の記事で剪定しましたが、
その後の様子を報告します。(代表して2品種を報告。)

下記の写真は「ミセスNトンプソン」のその後です。
地面から2本の蔓が出ていたのですが、その1本の蔓のカットした節から新しい蔓が3cm出ています。

P1000750.jpg

下記の写真はもう1本の蔓で、
カットした節から新しい蔓が3cm出ています。

P1000751.jpg

「サー・トレボー・ローレンス」のその後写真は「続きも見てね▽Open more」にあります。
続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
 ミセス・N・トンプソンが開花ですよ。  -  2006.05.10.Wed / 08:55 
我家で3番目に咲いたのはミセス・N・トンプソンでした。
蕾ができるのは他の花より遅かったのですが、
できてからが早かったです。

P1000544.jpg

濃い紫の周りを薄い紫色で縁取りした好きな色合いです。
つぼみが少し開いた時の写真は「▽Open more」にあります。
続きも見てね▽Open more.
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。