[クレマチス](パテ)ドクターラッペル の記事一覧 
 スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
 一番綺麗なドクターラッペルの写真  -  2013.05.19.Sun / 20:04 
クレマチスが好きになったきっかけはドクターラッペルでした。
そのドクターラッペル、今までで一番綺麗に写せたと思います。
クッリクして拡大をお願いします。
CIMG0208.jpg

しべも最高に写せました。
クッリクして拡大をお願いします。
CIMG0207.jpg
スポンサーサイト
No.1150 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルが開花:クレマチス  -  2012.05.16.Wed / 21:51 
我が家のドクターラッペルが開花し出しました。
昨年晩秋に1mくらいに蔓を切っておきましたので、下の方で密集して咲いてくれました。
朝日を浴びているときに写しました。
(クリック拡大をお願いします。)

P1060867.jpg

一昨年もそのように短く切っておいて、下の方でたくさん咲きました。
本来なら「つる下げ」をしておくべきでしょうが、この地植え株は1Mくらいで蔓を切ると、蔓の数は10本以上になります。
あえてつる下げをしなくてもたくさん咲いてくれます。

左側の白い花は「小雪」です。
No.1017 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルの密集開花  -  2011.05.17.Tue / 18:08 
暖かくなりましたらドクターラッペルが一斉に咲きました。
(クリックで拡大します。)
P1060065.jpg

昨年晩秋に蔓を短く切っておきましたら、下の方で揃って開花しました。
P1060064.jpg

4日前はまだ蕾でした。
P1060058.jpg

クレマチスを代表する花ですが、育てやすくて、色合いも素敵だと思います。
No.939 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルの開花  -  2009.05.09.Sat / 22:21 
パテンス系ドクターラッペルは私がクレマチスを始めるきっかけになった花です。
今年の花数は昨年よりかなり多いです。

これくらい日陰の方が、綺麗に写りますね。
庭側から。(クリック拡大できます。)
P1040247.jpg

道路側から。小雪もちょっと。
P1040227.jpg

真横から。
P1040231.jpg
続きも見てね▽Open more.
 ドクターラッペルの開花  -  2008.05.18.Sun / 17:04 
ドクターラッペルはやはり綺麗です。
ブルーベリーで言えば、ティフブルーのようなもので、クレマチスの基本種です。
この花に憧れて、クレマチスの世界に入り込みました。

2008年5月11日午前9時撮影
P1030103.jpg
No.519 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルとバラとチャイブス  -  2007.05.31.Thu / 22:05 
黄色ツルバラの横にはドクターラッペルを植えました。
そのバラの蕾の黄色が見えてきました。
バラの周りには黒点病にいいらしいのでチャイブスを植えました。
変な取り合わせですよね。
P1010707.jpg

やっと今年張ったネットまで蔓が伸びて花が咲きました。
P1010706.jpg

No.248 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルの開花  -  2007.05.09.Wed / 13:31 
つる下げ効果で下にいっぱい蕾を付けていましたが、それらの花が咲き出しました。


P1010629.jpg

No.225 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルの蕾  -  2007.04.08.Sun / 06:53 
地中から伸びた新芽にも蕾がついています。
P1010494.jpg

No.185 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ドクターラッペルの庭植え(鉢増し風)   -  2007.03.13.Tue / 22:02 
0.前準備
庭土を深さ50cmに掘り、牛糞と鶏糞と籾殻を入れて混合し2週間以上放置しました。
詳しくは「プリンセス・ダイアナの庭植え(鉢増し風)」による。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-152.html

1.左に見える枝は黄色のツルバラです。
直径20cm、深さ25cmの穴を掘りました。
穴の中の白い根はバラの根です。穴はバラと共存です。
正面が東南です。
真後ろには夕方まで陽があたります。後ろにも下草が必要です。


2.粒状培養混合土(ゴールデン粒状培養土花野菜用:鹿沼土:パーライト=7:2:1 ガーデニングエードボールを5g/㍑)を底に10cm入れて、その上に苗を置きました。
苗の周囲に5cmの隙間が空くので、粒状培養混合土を入れた途中です。
ゴールデン粒状培養土花野菜用は他のクレマでも調子が良かったので、今回も使いました。
この用土には肥料が既に入っているので、エードボールは少なめにしました。(標準は8g/㍑)
P1010292.jpg

3.粒状培養混合土を入れ終わった後、バークチップを5cm被せました。(コガネ対策と乾燥防止です。)
左上はツルバラの幹です。
バラは黒点病でしたが、昨年夏地際から50cmに切り、地面に穴を掘ってオーソサイド液を3回ほど入れました。
それで治ったらしく、現在まで黒点病になっていませんが、再発が心配です。
それがクレマに移るのは、なお心配です。
P1010294.jpg

4.ドクターラッペルの花芽です。
「つる下げ」をして下に巻いてあった蔓を、ほどいて巻きなおしたので、花芽の向きが上向き、下向き、横向きとバラバラになってしまいました。
すべてを上向きに巻きなおすことはできません。
暫くすれば、上を向いてくれるでしょうか?
参考:「つる下げ」記事は
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-141.html

P1010295.jpg

続く」には植えた苗の状況です。
株外周の用土を深さ1cmくらい、水で洗い流しています。(必見ですよ。)
続きも見てね▽Open more.
テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用
No.157 / [クレマチス](パテ)ドクターラッペル / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ラッペル先生が御開花  -  2006.05.12.Fri / 20:40 
金屏風を背にして、ドクターラッペルがお出ましです。
ラッペル先生はドクターです。
小道具がすべて100円とは思われないでしょう。


苗が小さいので、2つの蕾のうち、ひとつだけ咲かせました。
実は5年前に枯れてはしまいましたが、ドクターラッペルだけが我家にありまして、
3年ほど咲いていました。
なにもお世話しなかったのが悔やまれます。

黒をバックにした写真と開きかけた時の写真は「▽Open more」にあります。
続きも見てね▽Open more.
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。