[ブルーベリー]栽培方法 の記事一覧 
 ブルーベリーの庭植え:レビール白の接木株  -  2013.11.16.Sat / 22:14 
庭の最後のスペースにブルーベリー4本を地植えしました。

写真は4本目のレビール白の接木。
台木は8年生のスワニー。
NP25鉢から出して、外周2cmの用土、根っこを欠きとって。
CIMG1276.jpg

方法はこれまでと同じ。
たとえば接木ネルソンの庭植え
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-128.html#1096

株直径より8cm大き目に畦(あぜ)波板で円筒を作り、洗濯ハサミでクリップして、外周に鉄筋棒を挿して補強する。
なおその前に50cm×50cm、深さ約35cmの穴を掘り、庭土は大きな鉢に一時保管。
底8cmの庭土にピートモス混合用土を7:5で混ぜておく。
CIMG1275.jpg

円筒内の底にピートモス混合用土を4cm入れる。
ピートモス混合用土は
サハリンピートモス:ココチップ:ビーナスライト=6:2:2
その上に株を置いて、外周にピートモス混合用土を詰めていく。
写真は詰めていく途中のもの。
CIMG1279.jpg

円筒内を詰め終わったら、円筒外側に
庭土:ピートモス混合用土=7:5
の土を詰めていく。
写真は詰め終わった後。

即ち、株の底、側面は4cmのピートモス混合用土で包み、その外側は庭土とピートモス混合用土の混合土で包んだことになる。
CIMG1281.jpg

円筒(畦(あぜ)波板)を抜き取って、バークチップをばら撒く。
鉄筋棒支柱に枝を縛り、株を安定にする。
水を多めに蒔いて、用土を落ち着かせる。
CIMG1277.jpg

植え終わった株。
奥からレカ接木、エチョータ地根、
写っていないが、レカ地根、そしてこのレビール白接木
です。
CIMG1278.jpg

使ったピートモス混合用土は50リットル。
その6割がピートモス(30リットル)。
所要時間一株あたり2時間(かかりすぎ)
それでも接木ネルソンの庭植えからは方法も進化(簡略化)している。(笑)
No.1181 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 花芽取り:ブルーベリー  -  2013.04.12.Fri / 09:29 
ブルーベリーの花芽取り作業がようやく終わりました。
我が家では収穫用の株の場合、20cm枝に2個、30cm枝に3個、10cm枝と5cm枝に1個の花芽だけ残し他の花芽は取り除きます。
花芽は咲き出しそうな花芽から取り除きます。
枝の先端に近い花芽が咲き出しそうな花芽です。
今咲いても蜜蜂が来てくれないからです。

というのを今年の基本にしましたが、いざ枝を目の前にすると、その時、その日の気分で変わってしまいます。

スパルタン接木の花芽を取った後の写真です。
葉芽も同時期にたくさん出てきていますので、元気、余力、来年も期待できる株です。
P1070450.jpg

ネルソン接木の花芽を取った後の写真です。
葉芽はまだ赤くて赤ちゃん肌です。
P1070451.jpg

咲きそうな花芽は取ったはずなのに、咲いてしまうオニールの花です。
甘い品種です。
P1070449.jpg

写真には写っていませんが、今年の花芽取りで新しい試みがあります。
それは30cm、40cm枝で昨年新梢の剪定枝や一昨年やその前年の緑がかった元気な枝で、今の時期としては大きな葉芽(5cmくらいかな)がたくさんついている枝にできた花芽はすべて取りました。
10個ついていてもすべて取りました。
この枝を葉芽優先にして更に元気な枝を作るためです。
どうなりますやら。
(注:昨年新梢剪定枝には原則花芽はできないのかも知れません。)
No.1131 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 サハリン産ピートモス購入  -  2012.10.29.Mon / 20:16 
ピートモスが足らなくなってコメリから買いました。
自宅までの配達料込みで2680円。(ネットでなくコメリのお店で前払いで注文しました。)
送ってきたのはサハリン産でした。
どこ産を送ってくるかは、送ってくるまで分かりません。

P1070260.jpg

カナダ産より扱いやすいです。
サハリン産ピートモス
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-618.html

サハリン産ピートモス6キュービック(170㍑)
http://mall.fc2.com/item/chako/280/
No.1103 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(8) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 コガネ対策ネット張り:ブルーベリー  -  2012.05.25.Fri / 16:31 
こがね虫幼虫対策として、ブルーベリー鉢に4mm升目ネットを被せました。

鉢直径より大きめの正方形に切って、鉢の中に収め、長い釘、5本か7本を挿してネットを固定しています。
多少鉢周囲に隙間ができるのですが、見ないことにしています。
我が家ではコガネ被害はほとんどないので、これで済ませています。
P1060898.jpg

挿した釘の頭です。
錆びてきたら、Feが生長に悪影響与えるでしょうか。
P1060899.jpg

釘は75mmの安物、400本で350円です。
見本を箱に2本挿しておきました。
釘で止めないと、風でネットは飛んで行きました。
P1060900.jpg

大きい60cm鉢もすべてこの方法で済ませています。
数年前からして今のところ被害に遭っていません。

ネットを張っておくと、枯葉も花くずもこのネットの上に落ちるので掃除が楽です。
雑草は我が家では皆無なので、その手間は要りません。
シュートがネット下から出ることはありますが、そう多くない鉢を毎日見ているので、長くなる前に気がつきます。
ネットの正方形サイズは3種類にして、大は小を兼ねる方式で使いまわししています。
No.1031 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルーベリーの摘花  -  2012.05.08.Tue / 20:15 
ブルーベリーのハイブッシュ系とサザン系の摘花が終わりました。

写真は地植えに接いだ乙さんスパルタンです。
摘花後にはバケツに入れそこなったお花がいっぱい落ちていました。
P1060798.jpg

摘花後の接木乙さんスパルタンの様子です。
滅茶苦茶生長が良いので、短枝に3つから4つの花房を残しました。
マルハナバチ(クマバチかも知れない)が今年はたくさん来てくれますので、受粉には問題なさそうな気がします。
多いときは庭全体で10匹ほど、あるいは一つ株に3匹が同居することもあります。
P1060799.jpg
No.1010 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 防鳥ネットを張りました:ブルーベリー  -  2011.04.30.Sat / 22:23 
ヒヨドリが我が家上空を通りすぎるのを見かけるようになりましたので、ネットを張りました。
ブルーベリーの花も食べるらしいですが、その被害経験はありません。
ジューンベリーの実を食べられるのが、まず最初でした。

我が家のネット張り作業を紹介します。

我が家の狭い庭には単管(足場鋼管パイプ)を立てる必要もないので、鉄筋棒を6ヶ所、地面に刺してあります。
そして天井には、細いロープを縦横1mから2m間隔で引っ張ってあります。

ネットは幅2m×長さ10mのものを2枚張ります。
昨年撤収時に、にぎりこぶし2つから4つくらいの大きさに丸めてワイヤーで縛ってあります。
1枚のネットはその丸めた物が4つか5つくらいになっています。

まず一つの丸め物をほどいて、ガレージ波板のビスに縛ります。
残りの丸め物は1m先の天井ロープの向こう側に投げておきます。
写真では丸め物が2ヶ所に見えますが、それぞれが1枚のネットです。

幅2mのネットを広げながら、ロープにワイヤーで縛っていきます。
2枚のネットの重ね合わせは、隙間が空かないように10cmくらいしておきます。

P1060033.jpg

次に2つめの丸め物をほどいて、残りの丸め物を2m先のロープの向こう側に投げておきます。
写真の右方向に伸ばしていきます。(ネット長さ10m方向です。)
ほどいた丸め物は広げて、幅2mのネットをロープにワイヤーで縛っていきます。

順番に丸め物をほどいては、ロープ向こう側に投げていくことを繰り返します。
ネットはブルーベリーの枝や花に引っ掛かることがないので、張りやすいです。

P1060035.jpg

天井のロープは直接、柱に縛らずに、ワイヤーでねじることで、長さを調整しています。
P1060036.jpg

使っているネットは下記です。
防鳥網バードX、幅2m×長さ10m
http://item.rakuten.co.jp/marsol-morishita/10000183/

以上で天井を張り終わったわけですが、側面は明日以降に張ります。
明日は終日、雨らしいです。
No.931 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 60リットル鉢へ初めての植え替え:ティフブルー  -  2011.04.05.Tue / 21:54 
NP25鉢のティフブルーをNP60鉢に植え替えました。
我が家では初めて大きい鉢に植え替えするので、記録をとりました。

ティフブルーを鉢から抜いてみると、根量は上出来です。
NP25鉢に植え替えたのは2009年10月でした。
比較用に割り箸を置いてみました。
P1050991.jpg

幹の太さは割り箸より太いです。
P1050992.jpg

まず草抜き冶具で根を少し欠き取り、ボサボサにしました。
縦横斜めに冶具を動かし、深さ2cmほどです。
この「根欠き」の後、ジェット水で用土を流して、根が見えるようにします。
我が家では「水切り」と言っています。
水流で根を切るイメージです。
P1050993.jpg

植え替える鉢はNP60です。
P1050995.jpg

水捌けを良くするため、鉢底に穴をあけました。
9mm穴を96個です。
P1050994.jpg


NP25鉢との比較です。
NP25鉢に入っているのは、あく抜きしたココチップSSです。
P1050996.jpg

底に水切りネット9枚敷きました。
ミミズや蟻の侵入防止です。
P1050997.jpg

その上に軽石9袋です。
根ぐされ防止です。
1枚目写真のNP25鉢の時も、鉢底に置いています。
軽石の中まで根が張ってくれますので、我が家の「まじない」みたいなものです。
P1050998.jpg

底に用土を3cmです。
P1050999.jpg

水切りした株を鉢に置いてみると、容器との外周隙間7cmです。
P1060001.jpg

外周に用土を詰めながら、時々3回ほどジェット水で外周用土に水をぶち込み、用土を隙間なく行き渡るようにします。
P1060004.jpg

用土を詰め終ると上余裕14cmです。
バークチップを厚み3cm撒いて、乾燥防止、コガネ進入防止をします。
P1060005.jpg


植え替え後の全体像です。 左はNP25鉢。
この後、剪定を少ししました。
P1060002.jpg

花芽は少しこぼれかかっています。
鉢外周には、アルミシートを巻く予定です。
P1060003.jpg

今回の用土は
サハリン産ピートモス:ココチップSS(10mm):ココチップ4S(3mm):パーライト大粒=5:2:3:2
です。
我が家の最近の標準用土にパーライトを加えて、水捌けを更によくしました。
肥料は「マイガーデン植物全般用」を用土12リットル当たり、50g入れました。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00523.html

用土を36リットル使いました。
続きも見てね▽Open more.
No.924 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(10) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ピートモス(カナダ産)の購入  -  2011.01.18.Tue / 08:56 
ピートモスの在庫が少なくなり、庭植えや60リットル鉢用に追加購入しました。
いつものコメリに頼んだのですが、在庫がなく、色々探してくれて、隣の県のコメリから取り寄せてくれました。
黒い袋のサハリン産ピートモスと念を押したのですが、入ってきたのはカナダ産でした。
仕方ないので、使うことにします。

P1050938.jpg

庭植えなら実績があるので、まあいいか。
P1050939.jpg
続きも見てね▽Open more.
No.916 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(10) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルーベリー用土資材の保水性、乾燥スピード  -  2010.11.03.Wed / 10:58 
最近は用土にココチップ4Sを混ぜるようになりました。
その保水性の程度を調べるため、他の用土と乾燥具合の比較をしました。
テストしたのは
ココチップ4S、ココチップSS、サハリン産ピートモス、混合用土です。
混合用土は  ピートモス:4S:SS=5:3:2 です。

クリックするとエクセルシートが開きますが、グラフが見れないようです。
最初の測定は鉢から水のしずくが落ちなくなるのを待って、約30分後に重量測定をしています。
4s.png

簡単にまとめたグラフです。クリックすると綺麗な文字が見れます。
横軸は日付ですが、飛んでいる日もあり、時刻もバラバラです。乾燥変化


ココチップ4Sです。
あく抜きのため、水を交換しながら、5日以上浸けています。
P1050850.jpg

ココチップSSです。
これもあく抜きしています。
P1050848.jpg

サハリン産ピートモスです。
P1050845.jpg

グラフからわかったことは、
1.4SとSSの含水量はピートモスの含水量に比べて少ない。
(ピートモスの混合割合によって、初期含水量が決まる。)
2.個々の乾燥の変化率(グラフの傾斜)はどれも同じくらい。
(4SやSSは急激に乾燥すると思っていましたが、そうではなかった。)

4SとSSの比率を3:2とか2:3とかにしていますが、大差ないようです。
ピートモス比率を今は5割ですが、4割か6割、それとも極端に2割するかが課題です。

実際は根っこからの吸い上げがありますので、もっと早く乾燥すると思います。

混合用土の重量がピートモス重量より重たいグラフになっていますが、鉢に入れた量がわずかに多かったためと思います。
パーライト大粒のテストすればよかったと思います。


その他の写真は「続き」にあります。
続きも見てね▽Open more.
No.899 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(11) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ヒヨ取り紙と防鳥ネット張り  -  2010.07.01.Thu / 14:03 
ようやくネット張りが終わりました。
緑色の20mm角目のネットです。
P1050674.jpg

庭の基礎から20cm下まで垂らしました。
P1050673.jpg

使った緑色ネットは下記です。HCで750円ほど。
糸が細いので枝葉を無理に引っ張ると、糸が切れると思います。
天井部分と側面の上部に使いました。
MARSOL 防鳥バードX 2X10M 20mm角目

庭基礎から垂らした青色ネットは下記と同等品ですが、1.8X9M です。HCで650円ほど。
これは糸が太いので、クレマチスの枝葉を引っ張っても、糸は切れないと思います。
側面の下側に使いました。
MARSOL 菜園防鳥ネット 3.6X9M ブルー 30mm菱目

ヒヨ取り紙の記事は「続き」にあります。
見たくない方は飛ばしてください。
続きも見てね▽Open more.
No.865 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 蜂さまの初来訪  -  2010.04.21.Wed / 08:50 
先日天気のよい暖かい日に蜂がやってきてくれました。

2010年4月19日晴れ撮影 気温23℃
マルハナ蜂というのでしょうか。
黄色い花粉かごをつけています。

オニール 1匹 1分間しかいてくれませんでした。
P1050375_20100419222740.jpg

P1050376_20100419222739.jpg

ジューンベリー 7匹ほど
蜂の名前がわかりません。
ニホンミツバチより小さいです。
P1050387.jpg

P1050385.jpg


マルハナバチって?

マルハナバチとは - Weblio辞書

たまにしか見かけない ニホンミツバチ
No.827 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(12) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 「側面にもマルチ」方式の2鉢目  -  2009.11.17.Tue / 21:53 
極秘作戦で植え替えした2鉢目です。

植え替え前で2008年3月挿し木のブルーシャワーです。
P1050144.jpg

鉢から抜くと、鉢脚4個の部分にも根が張っています。
側面マルチからつながって伸びている根っこです。
P1050145.jpg

株の真下から写しました。
側面部分ココチップに根が多く、中央部分ココチップ(株の下にあたる)に根が少ないです。
P1050146.jpg

側面から中心部に向かって、ほじくっていくと、中心部に近い用土(ピートモスあり)には根張り少ないです。
写真中央の黒い部分はほじった穴です。
P1050148.jpg

上面に水をかけると太い根っこが出来ていました。
P1050151.jpg

下面に水をかけると、中央部ココチップにも根っこが張っていました。
P1050153.jpg

底に軽石入り水切りネット袋を3つ置き、用土を2cm敷いて、株を置きました。
10号菊鉢の30cm鉢です。
左側の新シュートは太さ7mm、高さ75cmあります。

P1050154.jpg

真夏も西日ガンガンの場所に置き、鉢が軽くなることは頻繁にありましたが、枯れることはありませんでした。
側面ココチップの厚み4.5cmと厚かったため、乾いてもわずかな湿気が残っていたのかなと思います。

1鉢目の記事「極秘植え替えが大成功」 とほぼ同じ傾向でした。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-783.html
続きも見てね▽Open more.
No.785 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 極秘植え替えが大成功  -  2009.11.13.Fri / 20:30 
極秘作戦のブルーベリー植え替え(2008.11.29)は下記のような方法でした。

紙筒の内側(株との隙間)に用土を入れます。
P1030793.jpg

外側にココチップを入れて紙筒を抜きます。
外側のココチップ厚みは4.5cmあります。
側面もマルチという発想でした。
鉢の直径は24cmあります。(写真の深さの場合)
詳細はhttp://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-635.html
P1030795.jpg

まず現在の様子で、2008年3月挿し木のブルーシャワーです。
P1050130.jpg

鉢から抜くと、鉢脚4個の部分にも根が張っています。
P1050131.jpg

側面マルチの部分に根が張っています。
P1050132.jpg

写真中央から下が側面で、上が株上面です。
根は側面に多く、上面に少ないです。
P1050133.jpg

鉢底も側面部分ココチップに根が多く、中央部分ココチップ(株の下にあたる)に根が少ないです。
P1050134.jpg

鉢の側面に2mmの穴をたくさん開けてあります。
P1050135.jpg

上面に水をかけると太い根っこが出来ていました。
側面ココチップの効果でしょうか。
P1050136.jpg

側面にも水をかけましたが、ココチップは根が絡んでいて落ちません。
P1050137.jpg

底に軽石入り水切りネット袋を3つ置き、用土を2cm敷いて、株を置きました。
株が扁平なので、鉢の下のほうに収まりました。
30cm鉢です。
P1050138.jpg

バークチップを置き、90cm支柱3本に枝を結んで完成です。
右側シュートは太さ12mm、高さ120cmあります。
来春台木の予定ですが、どうしましょう。
このシュートへの接木を止めて、来年3月に剪定して分枝させれば、再来年春には接木枝が増えます。
P1050139.jpg

真夏も西日ガンガンの場所に置き、鉢が軽くなることは頻繁にありましたが、枯れることはありませんでした。
側面ココチップの厚み4.5cmと厚かったため、乾いてもわずかな湿気が残っていたのかなと思います。
この成功をどう生かすかが問題です。
ピートモス:ココチップ=1:9
で側面厚みが 3cmというのはどうでしょうか。

今回はラビットアイ系でしたが、ハイブッシュ系挿し木苗でも試したいと思います。
この植え方はココチップを大量に使うんだよね~。在庫が。。
続きも見てね▽Open more.
No.783 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 8.5mmのシュート完成:ブルーベリー  -  2009.09.19.Sat / 20:40 
2009年7月の「ブルーベリーの植え替え極秘作戦のその後」 の記事でシュート太さ6mmになったことを報告しましたが、その株のシュートが8.5mmになりました。
2008年3月挿し木苗を2010年3月までに8mm以上のシュートを出させる目標は達成しました。
これで来春のブルーシャワー台木が確保できました。1鉢ですが。

左側の鉛筆太さは7.3mmです。
P1040653.jpg

極秘作戦とは、株の外周と上下をココチップで囲っています。
側面ココチップの厚みは4.5cmあります。
その側面ココチップには、細根がかなり伸びています。
植え替えのヒントは側面にありそうです。

P1040652.jpg

「ブルーベリーの植え替え極秘作戦のその後」 の記事は下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-742.html
No.756 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 2009年8月の追肥記録   -  2009.08.27.Thu / 14:51 
ブルーベリーとクレマチスに追肥しました。
肥料は今回も「IB化成S1」です。
昨年とほぼ同じ時期です。

クリックすると、エクセル表が開きます。
2009年の追肥記録

以前の調査ですが、20gで30粒、10gで15粒、5gで7粒でした。
皆さんよりちょっと多目かなと思います。
No.752 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルーベリーの植え替え極秘作戦のその後   -  2009.07.31.Fri / 22:37 
2008年11月と12月に特殊構造の植え替えをしています。
その後の生長具合の報告です。
写真は2鉢ともブルーシャワーです。

2008年11月記事の「ブルーベリーの植え替え:極秘作戦」は下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-635.html

2008年3月31日挿し木を2008年9月18日に9cmポットに植え替え、更に2008年11月29日に特殊構造に植え替えたたものです。

高さ70cmのシュートが株元から伸びました。(左側)
P1040552.jpg

シュート太さは6mmです。8mm目標です。
P1040551.jpg

もう1鉢も2008年3月31日挿し木を2008年9月18日に9cmポットに植え替え、更に2008年12月2日に特殊構造に植え替えたたものです。

高さ60cmのシュートです。(左側)
P1040554.jpg

太さは4mmとまだ細いです。
P1040553.jpg

我が家では恥ずかしすぎる挿し木苗が多い中で、このシュートは待ちに待ったものです。
偶然かも知れませんが、2鉢とも効果ありです。

この特殊構造は株用土の上下左右(側面)をココチップで囲ってしまうという構造です。
ココチップを指先でほじって、根の張り具合を見てみますと、
上のココチップにはほとんど根が絡まっていません。
側面のココチップには根が伸びて来ている個所があります。
下(底)は見れません。

側面には追加した用土が3cm厚みで入っていますから、その新用土にも根が張っています。
なお側面ココチップの厚みは4.5cmあります。

鉢の乾き具合を心配しましたが、他の通常の鉢と比べて、極端に乾き過ぎることはありませんでした。



続きも見てね▽Open more.
No.742 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(2) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 2009年6月の追肥記録  -  2009.06.17.Wed / 21:04 
昨年と12日遅れでブルーベリーとクレマチスに追肥しました。
肥料はこれまでと同じ「IB化成S1」です。

クリックすると、エクセル表が開きます。
===========================
2009-6追肥-1
===========================

No.725 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 2009年の追肥記録  -  2009.04.23.Thu / 20:31 
掲載が遅くなりましたが、記録のためアップしておきます。
クレマチスは2009年3月14日に、ブルーベリーは2009年4月14日に施肥しました。

ブルーベリーは昨年より1ヶ月遅く施肥しました。
どうも葉芽が動き出してからでいいそうです。

下記をクリックすると、エクセルシートが開きます。
====================================

Dd68.jpg

No.691 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 石灰硫黄合剤の塗布日  -  2009.02.02.Mon / 20:53 
本日は久しぶりの無風快晴です。

石灰硫黄合剤をブルーベリーに筆塗りしました。
湯のみ茶碗に水140ccを入れ、そこへ石灰硫黄合剤を20cc、ダインを2滴。
(140+20)÷20=8 で 8倍液かな。

写真以外に100均の帽子つきビニール合羽とビニールズボン。合羽に帽子付きは必須です。
塗った枝に、知らない間に頭がさわります。

それと100均の回転台。(我が家は昔1000円くらいで買ったもの)
鉢を載せて回転させると、枝の裏表が塗りやすいです。

P1030889.jpg

塗り終わったティフブルーです。
30cmの駄温鉢です。
幹枝の太さは2本とも2cmくらいと太くなりました。

2008年4月に「チョコレート色の枝:ティフブルー」の記事でkeiさんなどのアドバイスを受け、枝をかなり切り込んだ鉢です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-498.html

その後太いシュートや新梢がたくさん出て、元気100倍の鉢になりました。
お陰様で今年はたくさん収穫できそうです。

P1030890.jpg

作った160ccでちょうど全ての株に塗れました。
庭植えは枝ぶりを回転できないので塗りにくいです。
背中、左右にも株がありますので、さわらないように気を使います。

殺虫・殺菌両方の効果があり、アブラムシ、カイガラムシ、ハダニ、うどんこ病、黒星病など多くの病虫害を予防できます。
とのことですが、今回は2~3mmの細い枝は手抜きしました。
使い終わった筆は捨てました。(写真の茶色い筆を使いました。)

クレマチスは、今年はパス(やめ)です。
No.656 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(8) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルーベリーの植え替え:極秘作戦  -  2008.11.29.Sat / 23:03 
植え替え前のブルーシャワー
2008年3月31日挿し木を2008年9月18日に9cmポットに植え替えたものです。
外周の下半分はココチップだけを入れておきました。
P1030789.jpg

ココチップを指先で取り除くと、白い根っこがいっぱいです。
側面ココチップの中にも根っこが伸びていくことが分かりました。
これにヒントを得て、特殊作戦を実行しました。
P1030790.jpg

====================
作戦の要点は根株全体を、すなわち上下側面をココチップで覆うことです。

1.鉢の足になっているくぼみをココチップで埋めます。
この鉢は側面も小さな穴を開けてあります。(以前作ったもの)
P1030785.jpg

2.水切りネットを1枚敷きます。防虫のためです。
P1030786.jpg

3.ココチップを2cm敷きます。
P1030787.jpg

4.用土を2cm敷きます。
用土は
サハリンピートモス:ココチップSS(10mm):パーライト大粒=6:2:2
今回はマグァンプK中粒もダイアジン3も入れない。
P1030788.jpg

5.根株を置いて(直径9cm)、外周に直径15cmの紙筒を置きます。
P1030793.jpg

6.根株外周と紙筒の隙間、3cmに用土を詰めていきます。((15-9)÷2=3)
P1030794.jpg

7.紙筒の外側にココチップを入れていきます。
そして、紙筒を抜きます。
紙筒はセロテープ止めで作っていますので、セロテープを剥がせば、抜けます。
外周のココチップ厚みは4.5cmあります。
鉢の直径は24cmあります。(写真の深さの場合)
P1030795.jpg

8.鉢全体の表面にココチップを2cm敷きます。
これで根株はスッポリとココチップに包まれました。
P1030797.jpg

9.完成です。
P1030798.jpg

これまでに、株表面のマルチ材(ココチップやバークチップ)には根がよく張ることが知られています。
そして私は鉢底に軽石やココチップを敷いていて、それにも根が入り込みます。(調子のよい株の場合)
それで今回は株の側面もココチップで囲むことにしました。
側面ココチップにも、びっしり根が張ることを夢見ています。

このブルーシャワーは台木用に育てているものです。
鉢が風で倒れて、急遽植え替えました。
倒れなかったら、この植え替えも思いつかなかったかも知れません。

紙筒はカレンダーの月めくり用紙を使いましたが、長時間経つと濡れてきて、紙筒を抜くときに破れてしまいます。
柔らかいプラスチックシートがいいです。
紙資料を数枚挟んでおく、「カラーファイル」がよさそうです。

水捌けが抜群なのが、ちょっと心配です。
続きも見てね▽Open more.
No.635 / [ブルーベリー]栽培方法 / COM(18) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.