[ブルーベリー]接ぎ挿し の記事一覧 
 接ぎ挿しの残り:2011年  -  2011.08.21.Sun / 13:21 
今年春にもたくさんの接ぎ挿しを作りましたが、唯一残っているのは、この2本です。
ランコーカス似です。
P1060405.jpg

失敗の原因は遮光ネットの日陰に長く置き過ぎたためと思います。
密封袋からは5月初めに出したのですが。

今年の接ぎ挿しの様子は下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-156.html

来年はプチ接木に集中したいです。
No.978 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(18) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しが少しは残っています。:2011年  -  2011.06.07.Tue / 20:22 
今年2011年春の接ぎ挿しがまだ少しは残っています。
手前の3本はランコーカス似、奥の3本はスパグロです。
ランコーカス似の1本は新梢が8cm伸びているので、まず成功です。
他の5本は新梢3cmのままなので、なんとも言えません。
P1060191.jpg

乙さんスパルタン接ぎ挿しも3本残っていますが、新梢3cmなので微妙です。
なんとか夏を過ごしてほしいです。

過去記事は下記です。
「ブルーベリー接ぎ挿し:2011年」
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-156.html
No.952 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(27) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 ブルーベリー接ぎ挿し:2011年  -  2011.05.14.Sat / 20:20 
接ぎ挿しは今のところ元気です。
密封挿しして今年は早めに袋から出しました。
今は夕方1時間ほど日が当たる場所、もしくは寒冷紗の影に置いています。

写真の上の部分はスパグロ、下の部分はランコーカス似です。
1本も落ちていません。
ランコーカス似の1本の葉芽は5cmほどに伸びています。
P1060052.jpg

写真は全部、乙さんスパルタンの接ぎ挿しです。
台木がホームベルとブルーシャワーです。
右側の2本だけ落ちました。
台木からの葉芽も伸ばしているのがあります。
元気づけのためです。??
P1060053.jpg
No.937 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(0) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しの展葉:ブルーベリー  -  2011.04.19.Tue / 09:00 
接ぎ挿しをして、約2ヶ月が経ちました。
接ぎ穂から葉芽が伸びて、少し広がってきました。
展葉というのでしょうか。
葉芽の長さでいうと1cmくらいです。
栃木のMさんの接木では展葉した頃にクリアパック(ポリ袋)を取り去ると書かれていました。

この接ぎ挿しはまだポリ袋に入れて、密封状態ですが、天気の良い日中はポリ袋を全開し、夜はまた密封しています。
昨年の失敗がありますので、早くポリ袋は取り去るつもりです。
そして日の当たる場所に移そうと思います。(台木からの発根促進のため?)
最近の外気最高温度は15℃前後です。
そろそろポリ袋は取り去りましょうか。

左はランコーカス似6本、右はスパグロ6本です。(2011年2月23日接ぎ挿し)
12本中スパグロ1本は葉芽がまだ伸びてきません。(多分1本失敗)
(2011年4月18日撮影)
P1060020.jpg

スパグロのアップです。
接ぎ挿しは結束バンドで縛っていません。
白く濃いのはテフロンテープです。
P1060021.jpg

置き場所は、幅2mある軒下で、寒冷紗で西日を避けています。
日中外気22℃でも、袋の中は15℃くらいです。
P1060023.jpg
No.928 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しのリベンジ  -  2011.03.03.Thu / 08:38 
昨年大失敗の接ぎ挿しを少ししました。
今年も密封挿しです。

45リットル透明ごみ袋で密封です。
袋の底の角を2ヶ所2cmほど切ってありますが。(排水用です。)
袋内は水滴がいっぱいです。
袋を振って、水滴を落としての撮影です。
今は軒下に置いています。
P1050969.jpg

乙さんスパルタンを12本です。(2011年2月23日撮影)
昨年頂いた接ぎ穂を接木して、昨年ものすごく伸びた枝を今年は接ぎ穂に使いました。
P1050970.jpg

接ぎ部はテフロンテープ15cmで強く巻きました。
その上からニューメデールテープ5cmを指で15cmにあらかじめ伸ばしてから、ミイラ巻きしました。
余ったテープは先端でぐるぐる巻いて、乾燥防止です。
P1050971.jpg

昨年は袋に長期間入れすぎて、袋から出した時は、外気に耐える体力が弱ったようです。
今年はもう少し早く出して、徐々に外気に慣らすつもりです。

接ぎ挿し経験者の方、アドバイスお願いします。
No.922 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(16) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿し:2次生長しないまま  -  2010.12.02.Thu / 08:20 
今年早春の接ぎ挿しは散々でした。
その中で生き残ったプルとヌイです。

2次生長してくれなかったので、鉢上げしていません。
発根の根っこは4、5本かも知れないと思い、抜かずにそのままです。
来年6月頃の2次生長を待って、鉢上げしようかと思います。
P1050898.jpg

写真の手前にもう1本づつあります。
合計4本の内、写真右のプルだけ2次生長してくれたのですが、7cm伸びて止まってしまいました。

来年また接ぎ挿しに再挑戦します。密封挿しで。

接ぎ挿しのカテゴリーは下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-156.html
No.907 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(4) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しがほぼ全滅  -  2010.09.14.Tue / 09:41 
今年春に接ぎ挿し(密封挿し)をたくさんしましたが、ほぼ全滅してしまいました。
各鉢に14本挿して7鉢、作りました。(合計98本)

2010年8月9日撮影
14本が全滅です。
P1050751.jpg

14本中かろうじて1本が生き残っていますが、二次成長は見られません。
P1050752.jpg

2010年8月15日撮影
14本中3本が残っていますが、二次成長は見られません。
P1050780.jpg

2010年9月14日撮影
8月頃は14本中5,6本は残っていたのですが、現在は1本になってしまいました。
P1050812.jpg

この鉢は14本中4本残っています。
プルが2本、ヌイが2本です。
プルの1本は7cmほどの2次成長も見られます。(唯一です。)
P1050810.jpg

接ぎ挿しのカテゴリーは下記です。
元気だった頃が懐かしいです。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-156.html

6月13日の記事でもビニール袋はまだ取り去っていませんでした。
5月24日の記事では
「透明ビニール45リットル袋の上側は10cmほど開口して、気温上昇を防いでいます。」と書かれています。
この頃にビニール袋を取り去ってしまえば良かったと後悔しています。

6月の中ごろにビニール袋を取り去ったと思いますが、長期間の高温多湿で苗も疲れていたのだと思います。
取り去った後は、ラティスやジューンベリーの木漏れ日の下に置いておきましたが、時すでに遅しでした。
可哀想なことをしました。

来年、リベンジです。
今年の接ぎ挿し作業は3月8日から3月26日にかけてしていますが、もっと早い方はお正月にしているようです。
来年はもっと早く、寒い時期に始めたいと思います。
そして4月頃にはビニール袋を取り去りたいと思います。
続きも見てね▽Open more.
No.881 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しもまあまあ  -  2010.06.13.Sun / 06:28 
2週間ぶりの水遣りのため、透明ごみ袋を下げて中をチェックしました。

14本中12本が生存している鉢で最優秀。
P1050578.jpg

一番伸びている枝が混じっている鉢
テープで濃い白色は水道工事用のテフロンテープ巻きです。
強く締めることが出来ました。
P1050574.jpg

ちょっと危ないのも混じっている鉢
P1050575.jpg

どの鉢を写したのか分からなくなりましたが、写真の4本は元気そうです。
P1050576.jpg

オニールもまあまあ生存しています。
P1050577.jpg

プルは2cmで一次生長が止まっていましたが、二次生長を5cmしてくれました。
P1050579.jpg
No.856 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(7) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しと挿し木が元気  -  2010.05.24.Mon / 20:05 
ブルーベリーの接ぎ挿しと挿し木の置き場です。
軒下(幅2m)で雨は当たりません。
西日が当たる場所ですが、寒冷紗50%の内側です。
接ぎ挿し7鉢と挿し木8鉢です。
各鉢に14本づつ挿してあります。
透明ビニール45リットル袋の上側は10cmほど開口して、気温上昇を防いでいます。
P1050527.jpg

スパルタン接ぎ挿し(2010年3月8日接ぎ挿し)
13本は元気に葉芽を伸ばしています。
拡大クリックすると分かりますが、台木側からも葉芽が出ています。
この葉芽は撮影後、割り箸で押して落としました。
P1050528.jpg

スパルタンとオニール接ぎ挿し(2010年3月26日と4月13日接ぎ挿し)
手前の新芽の伸びの良いのがオニールです。
P1050530.jpg

スパルタン挿し木(2010年4月23日挿し木)
乙さんから頂いた「挿し木用スパータン」と書かれた穂木です。
葉芽が付いていないゴツゴツした太い枝でしたが、見事に新芽が伸びてきました。
P1050529.jpg

フェスティバル挿し木(2010年4月23日挿し木)
これも乙さんから大量に頂いた穂木です。
P1050531.jpg

挿し木には工夫があります。
鉢の底に不織布(ふしょくふ)が敷き詰めてあります。
普通、鉢底は水はけの良い軽石などを敷きますが、不織布は全く逆で、水を少し含んだままです。
これはビニール袋内の湿度を上げるためです。
また水遣り回数を減らせます。10日に一度で良いです。

用土はピートモスとココチップ繊維状が、6:4か5:5とフカフカです。
根っこが出やすいかなと思ってです。

そして挿し木の時期が4月後半と遅いです。
気温、地温が上がってからと待っていました。

接ぎ挿しと挿し木の全部で15鉢ありますが、失敗は各鉢14本中、2本から0本です。
なんとかこのまま生き残ってほしいです。



続きも見てね▽Open more.
No.840 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(6) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しの新芽伸び  -  2010.05.09.Sun / 11:36 
密封挿しの接ぎ挿しで一番新芽の伸びの良いのが、エチョータです。6cmくらい。
3本中3本とも元気です。
2010年3月8日接ぎ挿し
P1050468.jpg

スパルタンは14本中13本元気です。
2010年3月8日接ぎ挿し
P1050467.jpg

別の鉢のスパルタンも14本中14本元気です。
2010年3月8日接ぎ挿し
P1050469.jpg

透明ごみ袋45リットルの中の様子です。
袋に水滴が付き、曇ります。
P1050466.jpg

袋の上は6cmほど開口してあります。
これでも日当たり場所に置くと、30℃は超えます。
P1050470.jpg

密封挿し木も14本中14本元気です。ブルーシャワー。
2010年4月17日挿し木
P1050472.jpg
No.835 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(12) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿し:スパルタン  -  2010.04.19.Mon / 20:15 
接ぎ挿しのスパルタンの様子です。
葉芽が少し伸びてきました。

まだすべて生きています。
これから気温が上がるので、密閉挿し内の温度管理をどうするかです。
30℃以下をキープするには、直射日光の当たりすぎもよくありません。
遮光ネット(遮光率60%)を張った場所へ、30℃近くになると鉢移動させています。

P1050349.jpg
P1050350.jpg
No.824 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(14) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しから1ヶ月  -  2010.04.08.Thu / 20:13 
2010年3月8日に接ぎ挿ししてから、1ヶ月が経ちました。
寒い日が続き、曇り空では密封挿しのビニール袋の中の温度は上がりませんでした。

そんななか、プルとヌイの葉芽が1cmほど伸びました。
すべて生き残っています。
P1050319.jpg

スパルタンは硬い芽がほころんで、5mmほどの緑色の芽に変わってきました。
P1050320.jpg

上記の拡大です。
P1050321.jpg

密封挿しなので、ビニール袋の内側に水滴が付いています。
時々指で弾いて、水滴を落として、中の様子を観察しています。
今日みたいにお日様が出ると、気温13℃でも袋の中は25℃くらいです。
30℃以上にはしたくないので、今後は空気抜き穴が必要かも知れません。
P1050322.jpg
No.817 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(16) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
 接ぎ挿しの密封挿し  -  2010.03.09.Tue / 21:35 
乙さんからスパルタンやティフブルーの穂木をたくさん頂いて、野菜室で眠っていました。
またsappiさんからは台木と穂木をカットする冶具を頂きました。
それに穂木も送ってくれました。
また地元の摘み取り園からはたくさんの穂木を頂きました。
ここでは剪定講習会にたまたま立ち会うことができました。

そして寒くて重い腰が上がりませんでしたが、ようやく戦闘モードに入りました。

「接ぎ挿しをコタツ挿しして密封挿し」(おそまつ)

sappiさんから頂いた冶具で切れ込みを入れると、ストッパーが付いているので指を切る恐れがなく、素手で安心して作業ができます。
また刃が接木ナイフ等と同じ片刃なので、切断面が平面に切れ込めます。
下記なんかは隙間がなく、くっついているでしょう。
P1050270.jpg

これだけ密着してくれると、ニューメデールテープもきつく締める必要がありません。
防水だけすればよいという感じです。
大袈裟に言えばですが。
練習不足ですべてがこううまくはいきません。(泣)
なお上の写真とは別のものにテープを巻いたものです。
P1050271.jpg

この鉢に14本挿しました。
用土は
カナダ産ピートモス:鹿沼土小粒=5:5
です。
鉢の4ヶ所にラン用支柱を立てています。
45リットル透明ごみ袋に鉢ごと入れて、密封します。
ラン用支柱はごみ袋を高く支えるためです。
P1050268.jpg


上の段のものはまだ挿してありせん。
10鉢ありますので、145本は挿せますね。
「密封挿し」はBB讃岐さんに教わっているところです。
ミニ地温計を挿してあるのですが、メモリが10℃からしかなく、赤い液がそこまで上がってきません。
今週末は暖かくなって、赤い液が見えそうです。
P1050269.jpg

乙さんから頂いた穂木です。
ちょうど菜ばし太さくらいで、太さが揃っていて、接木に最適と思います。
ティフブルーとフェスティバルをたくさん送って頂いたお陰で接ぎ挿しもたくさんできます。
根の付いた台木への接木は今週末から始めようと思います。
P1050263.jpg

乙さんsappiさん、摘み取り園の○谷さん、この度は大変ありがとうございました。
BB讃岐さん、これからも教えてください。


No.808 / [ブルーベリー]接ぎ挿し / COM(32) / トラックバック(-) / PAGE TOP△
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.