[クレマチス](アト)カンパニュリナ・プレナ の記事一覧 
 カンパニュリナ・プレナの開花  -  2010.05.06.Thu / 21:01 
アトラゲネ系カンパニュリナ・プレナが開花しました。
2010年5月3日撮影
P1050450.jpg

P1050451.jpg

P1050452.jpg

この株は今はブログをやめられたUさんからの頂き物です。
玄関前に置いて、帰省した子供たちの目につく場所に置いておいたのですが、話題なしでした。

我が家のアトラゲネ系は以上の4つで全部です。
花が済んだら、半日陰に鉢を移します。
 カンパニュリナ・プレナの植え替え  -  2009.10.31.Sat / 20:12 
鉢が軽くなるので、アトラゲネ系カンパニュリナ・プレナの植え替えをしました。
2008年12月以来の植え替えです。

植え替え前と植え替え用の鉢です。
3段リングの最上段で、蔓がトグロを巻いています。
P1050060.jpg

前年枝の節々に多くの花をつける弱剪定品種なので、現在の蔓を出来るだけ残して植え替えしないといけません。
丁寧の蔓をほどいていきましたが、写真左側の蔓は切ってしまった残骸です。
ほどく途中で3段リングのリングをはずすことが気がついて、リングをばらしたのが、写真右側です。
P1050061.jpg

根張りは上々です。
ブルーベリーのような根の掻き取りはご法度です。
P1050062.jpg

鉢底の軽石を取り除くと、その中の根張りは綺麗な細根でした。
細根系なので、ブルーベリーとよく似た個所に根が伸びるようです。(マルチ下側と鉢底側)
P1050063.jpg

外周1.5cmほど隙間のできる少し大きめの鉢に株を入れて、用土を詰めました。
P1050064.jpg

用土は「水きめ」方法で詰めていきました。
写真下側の白いものは、水に浮いているパーライトです。
P1050065.jpg

植え替え完了です。
75cm3段リングはやめて、90cm支柱を4本挿しました。
誘引用に麻糸を支柱の2ヶ所に巻きました。
次回植え替え時は麻糸を切ればいいので、少しは蔓の解きほぐしが楽かなと思います。
P1050091.jpg


用土は
粒状培養土:鹿沼土:パーライト:富士砂=5:2:2:1
マグアンプk中粒:50g/10㍑ ダイアジン3:4g/10㍑
です。

アトラゲネ系は高山性の寒地向きの系統で、暑さや蒸れには注意が必要らしいので、水はけの良い用土に植えて、極力涼しい場所に置いています。
ブルーベリーのノーザンハイブッシュ系に似ていますね。

「水きめ」方法は下記に詳しく書いています。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-644.html

カンパニュリナ・プレナの過去記事は下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-category-101.html
続きも見てね▽Open more.
 カンパニュリナ・プレナが開花  -  2009.04.23.Thu / 21:15 
アトラゲネ系カンパニュリナ・プレナ
P1040133.jpg

カンパニュリナ・プレナが咲き揃ってきました。
昨年が一輪か2りんでしたが、今年は14輪咲いてくれました。
昨年12月の「水きめ植え替え」が効果あったのかも知れません。
富士砂を1割入れて、水捌けも改良しています。

P1040134.jpg

2009年4月20日撮影

P1040107.jpg

「水きめ植え替え」は下記です。
http://blueclema.blog62.fc2.com/blog-entry-644.html
 カンパニュリナ・プレナの植え替え  -  2008.12.17.Wed / 21:57 
アトラジェン系のカンパニュリナ・プレナを植え替えました。
今年4月に10cmほどのチビ苗に花を咲かせた後、蔓はかなり伸びました。
ちょっと小さめの鉢(内径14cm、高さ19cm 100均)でしたので、我が家のスタンダード鉢に植え替えました。

植え替え前にマルチのバークチップと籾殻を取り除くと、その下にはかなりの根っこが見えました。
この点はブルーベリーとよく似ています。
P1030836.jpg

鉢から抜くと、かなりの根量です。
特に上の方に多いようです。
P1030837.jpg

新しい鉢に(内径16cm、高さ20cm 100均)
下から
軽石大粒を3cm
その上に用土を2cm
その上に株を置いて、
外周の隙間1cmほどに用土を入れて、用土を菜箸で突っつき、その後で下記のように、「水きめ」で用土を隙間に流し込みました。
深いバケツに水を張り、鉢ごと入れて、鉢の表面3mmくらいまで水を足し、鉢をゆすって、用土を隙間に流し込みます。
P1030838.jpg

鉢の表面3mmくらいまでが水に浸かっている様子です。
中央やや右の黒い所が水です。
用土が水に浮いています。
P1030841.jpg

バケツから鉢を取り出します。
鉢内の水も引いて、用土が落ちつきます。
こん回の用土は
粒状培養土:鹿沼土:ココチップ:富士砂=5:2:2:1
マグアンプk中粒:50g/10㍑ ダイアジン3:4g/10㍑

これまではココチップのところがパーライト大粒でした。
ブルーベリーで使っているので、試しに変えてみました。
富士砂は最近使い始めました。通気性・保水性をよくするためです。
漆黒(真っ黒)なタイプを使っています。赤褐色のものはあまり良くないらしい。
鉄分を多く含み、弱酸性~中性らしい。

富士砂(ふじずな)については下記参照。
http://www.engei.info/2007/07/post_237.html

P1030842.jpg

ココチップで2cmマルチしました。
P1030843.jpg

3段リング75cmを挿して、蔓を誘引しました。
「つる下げ」をして下の1段だけに巻きつけました。
P1030844.jpg

来年の開花が楽しみになってきました。
開花時の様子はカテゴリーから見ることできます。
このアトラジェン系のカンパニュリナ・プレナはUさんから2007年9月に頂いた物です。

 カンパニュリナ・プレナの初開花  -  2008.04.25.Fri / 22:06 
アトラジェン系のカンパニュリナ・プレナを咲かせました。
皆さんのご賛同を得て?10cmほどのチビ苗ですが、我が家で初開花です。
アトラジェン系ってこんな感じなのですね。やっぱり良いですね。
P1020913.jpg


P1020915.jpg

上の2枚は北側の日陰に鉢を移動しての撮影です。
下はいつもの玄関前での撮影です。
いづれも光学3倍ズームで、露出補正は少しマイマスです。
P1020879.jpg
続きも見てね▽Open more.
| BLOG TOP |
 コメントをありがとう 
 記事を書いたよ 
 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 自己紹介です 

ブルーマチス

Author:ブルーマチス
「ブルーベリー&クレマチス」のブログへようこそ!
プロフィール名は
ブルーベリーの「ブルー」と
クレマチスの「マチス」をとって
「ブルーマチス」としました。
いい感じでしょ。
北陸の県庁所在地に住んでいます。
リンクはご自由につけてください。

 ブルーマチスさんにメール 
内緒のメールはここから送信できます。 ここに書かれた内容はコメント欄に全く表示されません。ご安心ください。          誹謗・中傷はご遠慮ください。  -------------------------

名前:
メール:
件名:
本文:

------------------------- 管理者の「ブルーマチス」さんに直接メールできます。

CopyRight 2006 ブルーベリー&クレマチス All rights reserved.